会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

高山右近 キリシタン大名への新視点

帰天401年にしてローマ法王庁より念願の福者列福!
型番 978-4-86336-926-0
販売価格 3,780円(税込)
購入数



  • 中西裕樹 監修

  • A5判 並製

  • 256ページ カラー8ページ

  • ISBN978-4-86336-926-0

  • Cコード:C3021

  • 宮帯出版社


帰天401年にしてローマ法王庁より念願の福者列福!
荒木村重、織田信長、豊臣秀吉、小西行長、前田利家に仕えながら信仰を守り続け、黒田勘兵衛、蒲生氏郷らをキリシタンにした知勇兼備の「偉大なキリストの騎士」。また、金沢・高岡城の設計者であり、「利休七哲」に数えられる大茶人。

本書は数十年ぶりに発刊された待望の高山右近研究書です。
2016年1月22日にバチカン(ローマ法王庁)は戦国大名の高山右近を「聖人」に次ぐ「福者」に認定した、と発表しました。帰天401年にして念願の福者に列福され、今あらためて高山右近が注目されています。

高山右近は、自らの信仰を貫き海外で客死した日本史上を代表するキリシタン大名で、今も多くの人を惹きつけている。
本書は、戦国時代から近世初頭の歴史研究の成果に、右近と周辺の人々の姿を探り、ゆかりの遺跡発掘など最新情報を集大成。高山右近への新視点を探る。

初版発行:2014年3月22日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


巻頭口絵     編集部

序章総論
高山右近への視点―研究整理と基礎的考察―     中西裕樹

第一章 高山右近と武家権力
三好長慶・松永久秀と高山氏     天野忠幸
織田信長・豊臣秀吉と高山右近     中西裕樹
加賀前田家と高山右近     木越隆三

第二章 高山右近とキリシタン大名の周辺
蒲生氏郷と黒田官兵衛―右近と豊臣政権のキリシタン武将―     中西裕樹
小西行長と小西行長―秀吉側近キリシタンの一形態―     鳥津亮二
丹波内藤氏と内藤ジョアン     福島克彦
浮田休閑     大西泰正

第三章 高山右近をめぐる遺跡の調査
高槻城とキリシタン墓地     盒狂一
船上城跡      稲原昭嘉
金沢城惣構の構造と高山右近     向井裕知
高山右近による高岡城縄張伝承の検討     仁ヶ竹亮介

第四章 文化からみた高山右近
高山右近の茶の湯     神津朝夫

付録
高山右近年譜/高山右近関係人物略伝/高山右近関係史跡/参考文献     中西裕樹

巻末口絵     宮下玄覇
Top