〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

禅と福音 仏教とキリスト教の対話

輪廻、三位一体、無我、原罪―たがいの教義への疑問から、倫理の根拠、経済・社会問題への対処まで、異色の禅僧と気鋭の神父の火花飛び散る真剣勝負!
型番 978-4-393-32364-9
販売価格 2,052円(税込)
購入数



  • 南直哉 来住英俊

  • 四六判 並製

  • 352ページ

  • ISBN978-4-393-32364-9

  • Cコード:C0014

  • 春秋社


輪廻や復活は本当にあるのか、三位一体は矛盾ではないか、無我ならば倫理の責任主体はどうなるのか、聖書の話を事実だと信じているのか―
おたがいの教義へ容赦ない疑問をぶつけるとともに、戦争、自死、死刑、政治経済、グローバリズムなど現代の諸問題に仏教とキリスト教はどう対応するかを問う白熱討論。

初版発行:2016年8月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


第1章 仏教をめぐる迷宮
    『善の根拠』を書いたわけ
    「私とは何か」を問うていくと
    世界が解体する体験
    生きるテクニックとしての仏教
    存在の耐えられないだるさ
    形而上学を持たない日本人
    語られないニルヴァーナをどう扱うか
    業と輪廻の違い
    輪廻説はなぜ破綻するか
    言語が輪廻する?
    出家に倫理は関係ないのか
    忍び入る超越的な視点
    「悟り」に迫る
    キリスト教の宣教の情熱
    刹那滅と本当の自己
    無常から始まる仏教
    仏教の必要条件
    死者の情念と祈り
    仏教にドグマはない
    慈悲
    宗教と社会活動の微妙な関係

第2章 キリスト教の本音
    キリスト教の根本にあるもの
    責任の主体は人間である
    全能とはいかなることか
    神の存在
    三位一体の謎
    最後の審判
    罪と悪
    神の国とは老人ホームのようなものか?
    ふたたび三位一体を考える
    十戒―ともに歩く指針
    死後のゆくえ
    キリスト教の死者供養
    死者儀礼の意味
    原罪について
    原罪は罪か
    神を赦す
    コミュニケーションが人間の根源的なかたち
    労働の意味
    労働する実存のジレンマ
    言語はよいものか?
    キリスト教の物語の二重性
    神秘体験の扱いかた
    カトリックにおける奇跡
    聖人のなりかた
    キリスト教と仏教の防衛戦略
    カトリックの組織と教皇
    カトリックの聖職者独身制と僧侶の不犯
    日本仏教の苦い過去
    お金の話

第3章 宗教者の覚悟と倫理のゆくえ
    宗教者の出番
    カトリックは夫婦関係の破綻をどう処理するか
    善の根拠と他者の範囲
    尊厳死は誰の問題か
    死の決断
    自死の風景
    他者とは誰か
    倫理の手段
    ボンヘッファーの決断
    善悪と意志
    キリスト教の倫理
    キリスト教の義
    戒律の根拠づけは可能か
    信仰と恩寵
    天災と弁神論
    無常は反ヒューマニズムである
    社会の大変革期を迎えて
    社会から実存へ
    宗教から社会を見つめなおす
    課せられた自己
    経済にひそむ矛盾
    不服従と非戦
    宗教者の責任と無責任
    ものごとを多面的に見る
    否定する仏教、肯定するキリスト教
    怒りに対する態度
    最後の審判と信仰
    ニルヴァーナへ至る道
    死刑と正義の相克
    キリスト教の正義
    いのちについて考えるときに

対談を終えて                 来住英俊
「あこがれ」の向こう側―あとがきにかえて   南直哉

著者紹介


著者:
南直哉(みなみ じきさい)
1958年、長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店に勤務。
1984年、曹洞宗で出家得度、同年、大本山永平寺に入山。以後、約20年の修行生活を送る。
2003年に下山。
現在、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代。

著者:
来住英俊(きし ひでとし)
1951年、滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、電気メーカーに就職。
1981年にカトリックの洗礼を受け、御受難修道会に入会。
1989年に司祭叙階。祈りの指導を中心に活動。

カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top