〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリシタン大名 高山右近とその時代

「福者」になった戦国武将。
型番 978-4-7642-6116-7
販売価格 2,916円(税込)
購入数



  • 川村信三 著

  • 四六判 上製

  • 272ページ

  • ISBN978-4-7642-6116-7

  • Cコード:C0021

  • 教文館


信長や秀吉に重用されるも、その信仰ゆえに国外追放され、マニラで客死した高山右近。2016年、「聖人」に次ぐ崇敬の対象「福者」に認められた希有な生涯を「時代」と「地理」の視点から詳察し、新たな人物ぞうの解明を試みる。キリシタン研究の第一人者であり、NHK大河ドラマのキリスト教歴史考証も担当する著者による本格的評伝!

右近が活躍した時代、すなわち1570年代から80年代は、日本の歴史がめまぐるしく変化を遂げた時代でした。右近が個人的に下したと思えるような判断の裏には、その時代の無視することのできない胎動があり、さらに、彼の存在した位置(空間)の特別の環境が不可抗力的に作用しています。右近の行動の必然を理解するために、こうした空間的な視野の広がりを常に意識することは不可欠です。(「はじめに」より)

初版発行:2016年10月20日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


はじめに

第一章 新時代の到来とキリシタン高山右近の生きた時代
 1 新時代の到来
 2 ザビエル来日が日本史に与えた意義

第二章 右近の生きた時空(その一)―「権威」と「勢力」の均衡崩壊と畿内の混乱
 1 戦国時代とは
 2 右近の生きた宗教土壌の理解
 3 右近をめぐる畿内政治権力者たちの思惑
 4 右近を許容した織田信長の器と思惑
 5 新秩序と旧秩序の狭間で

第三章 右近の生きた時空(その二)―摂津・河内キリシタンの誕生
 1 「ザビエルの夢・都宣教」の創始者―ガスパル・ヴィレラ、ルイス・フロイス
 2 畿内キリシタン信徒の黎明
 3 キリシタン領摂津高槻の誕生
 4 キリシタン地帯となっていく河内地域(結城氏の人脈)
 5 本願寺派と摂津地域―摂津地域におけるキリシタンと本願寺派の交差の考察

第四章 高槻城主・右近の苦悩―和田惟長との闘争と荒木村重の謀反
 1 和田惟長との闘争
 2 荒木村重―高山家を翻弄した張本人
 3 高槻城下の高山父子の慈悲の所作―「コンフラリヤ」の発想とキリシタンの共同体

第五章 戦国武将・右近の明暗と信仰の覚悟
 1 武将・右近
 2 大坂の平和(一五八三―八五年)―キリシタンの頭・右近と大坂教会、そしてキリシタン大名の誕生

第六章 キリシタン・右近と天下人・秀吉
 1 旅の始まり
 2 九州征伐
 3 伴天連追放と右近

第七章 祈りの人・右近―追放と最後の旅
 1 秀吉との決別と流浪の旅の顛末
 2 「心霊修行」(「霊繰」)と右近―流浪の身を支えた祈りと決断
 3 右近の遺言―慶長一九年九月一〇日、細川忠興宛

むすび
 高山右近関連年表
 参照文献
 あとがき
 人名索引
 事項牽引

著者紹介


著者:
川村信三(かわむら しんぞう)
1958年神戸生まれ。米国ジョージタウン大学で歴史学の博士号(Ph.D.)を取得。
現在、上智大学文学部史学科教授。

カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top