〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

井上洋治著作選集8 法然 イエスの面影をしのばせる人 風のなかの想い(抄)キリスト教の文化内開花の試み

悲愛(アガペー)を生きたイエスの生涯と重なる法然の生涯を描く『法然』と、井上神父のテレーズ論、キリスト教の日本文化内開花(インカルチュレーション)のための礎石となる論考6本を『風のなかの想い』より収録。
型番 978-4-8184-0958-3
販売価格 2,700円(税込)
購入数



  • 井上洋治 著

  • 山根道公 編・解題

  • 若松英輔 解説

  • A5判 上製

  • 252ページ

  • ISBN978-4-8184-0958-3

  • Cコード:C0016

  • 日本キリスト教団出版局



悲愛(アガペー)を生きたイエスの生涯と重なる法然の生涯を描く『法然』と、井上神父のテレーズ論、キリスト教の日本文化内開花(インカルチュレーション)のための礎石となる論考6本を『風のなかの想い』より収録。カトリック作家・木崎さと子と、音楽評論家・遠山一行のエッセイも収める。

極端な技術進化がもたらす時代の激変のなかで、師が遺された「南無アッバ」の祈りは、いっそう切実な人類の希求と重なっていくだろう。――木崎さと子

初版発行:2017年5月20日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


『法然――イエスの面影をしのばせる人』
 少年法然、求道の危機
 地獄の恐怖と苦悩からの解放
 浄土と神の国
 子を思う母のまなざし
 随喜の涙
 寺院を持たぬ法然とイエス
 門弟たちへ自戒自粛を求める「七箇条起請文」
 諸宗教の共存・共生の原理
 弟子たちから裏切られる法然とイエス
 遊女・娼婦の救い
 墨染めの衣で生きぬく
 あとがき
 
『風のなかの想い――キリスト教の文化内開花の試み(抄)』
 風のなかの想い
  一 砂漠の宗教と湖の宗教――ユダヤ教とキリスト教
  二 悲愛とものの哀れ
  三 汎在神論としてのキリスト教
  五 神のかいた二冊の書物――新約聖書と自然
  六 自然と手をつないでの祈り
  七 救いの神秘の表現について
 リジューのテレーズをめぐって
  一 母性原理の強い神の把握
  二 母なる大自然の中の小さな花としての自己把握
  三 小鳥の詩のごとき、おのずからの祈り

《寄稿エッセイ》「リジューの聖テレーズと井上洋治師」(木崎さと子)
《再録エッセイ》「私の信仰」(遠山一行)

風の招きによって出会うもの(若松英輔)
解題(山根道公)

著者紹介


著者:
井上洋治(いのうえ ようじ)
1927年、神奈川県に生まれる。東京大学文学部哲学科を卒業。
1950年、フランスに渡り、カルメル修道会に入会、修道のかたわらリヨン、リールの各大学で学ぶ。
1957年カルメル会を退会し、帰国。
1960年、司祭となる。1986年より「風の家」を創める。
2014年3月8日逝去。

編者:
山根道公(やまね みちひろ)
1960年、岡山県に生まれる。早稲田大学、立教大学大学院修了。文学博士。
ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所教授。

カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top