会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

聖パウロ

異邦人の使徒聖パウロ、その生涯と思想。
型番 978-4-87750-144-0
販売価格 648円(税込)
購入数



  • 教皇ベネディクト十六世

  • カトリック中央協議会 司教協議会秘書室研究企画 編訳

  • 文庫本 並製

  • 200ページ

  • ISBN978-4-87750-144-0

  • Cコード:C0116

  • カトリック中央協議会


※教皇ベネディクト16世著書
『使徒−教会の起源』『教父』に続く一般謁見連続連続講話集。パウロの生きた時代の宗教・文化の状況から筆が起こされ、その生涯を分かりやすく辿りつつ、パウロの根幹的な思想を詳細に考察。また、宗教改革論争の中心となったテーマである「義認」理解については2章を費やし、プロテスタント教会との間で得られた合意を背景とし、いっそう本質的な理解へと読者を導く。

初版発行:2009年4月17日

もくじ


はじめに

1 パウロの生きた宗教的・文化的状況
2 聖パウロの生涯
3 聖パウロの回心
4 パウロにおける使徒職の意味
5 パウロと使徒たちとの関係
6 エルサレムでの使徒会議とアンティオキアでの出来事
7 パウロと歴史上のイエスとの関係
8 パウロの思想における教会
9 パウロの教えの中心であるキリスト
10 パウロのキリスト理解の中心である十字架
11 キリストの復活についてのパウロの宣教
12 主の再臨についてのパウロの宣教
13 義認についてのパウロの宣教(一)
14 義認についてのパウロの宣教(二)
15 人祖アダムとキリストの関係についてのパウロの宣教
16 秘跡についてのパウロの教え
17 霊的な礼拝
18 コロサイの信徒への手紙とエフェソの信徒への手紙
19 テモテへの手紙とテトスへの手紙
20 パウロの死とその遺産
引用邦訳文献一覧
Top