〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

遠藤周作と井上洋治 日本に根づくキリスト教を求めた同志

「西欧キリスト教というダブサブの洋服を日本人である自分の身体に合わせる」ために格闘し、互いの最もよき理解者であった、遠藤周作と井上洋治。遠藤周作研究の第一人者であり、『井上洋治著作選集』編者である著者が、戦友である二人の交わりやドラマに迫る。
型番 978-4-8184-1040-4
販売価格 2,160円(税込)
購入数



  • 山根道公

  • 四六判 並製

  • 216ページ

  • ISBN978-4-8184-1040-4

  • Cコード:C0016

  • 日本キリスト教団出版局


1950年に運命的な出会いをしてから約50年にわたり、同じ目標に向かって歩み、互いの最もよき理解者であった、遠藤周作と井上洋治。遠藤研究の第一人者であり、井上神父の活動を支えた著者が、二人の言葉や歩みをたどりながら、その秘められた思いを描き出す。

本書は、「遠藤周作と井上洋治――魂の故郷へと帰る旅」の題で「三田文學」(二〇〇六年87号〜二〇〇七年91号)に連載し、後に「風」(76〜82号)に加筆して転載した原稿に、さらに補正、加筆し、新たな書き下ろしと年譜を加えたものである。

初版発行:2019年7月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


一 四等船室の出会いまで
二 四等船室での出会い、そして葡萄畑の再会
三 それぞれの帰国まで
四 日本での再会から
五 相交わる道
六 魂の故郷への帰還
あとがきに代えて――井上神父最後の八年
遠藤周作・井上洋治 年譜

著者紹介


著者:
山根道公(やまね みちひろ)
1960年、岡山県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業、立教大学大学院修了。
文学博士。ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所教授。
『井上洋治著作選集』全10巻と別巻の編集及び解題、『遠藤周作文学全集』全15巻解題及び年譜を担当。
主著『風のなかの想い―キリスト教の文化内開花の試み』(共著)『遠藤周作―その人生と「沈黙」の真実』『遠藤周作「深い河」を読む―マザー・テレサ、宮沢賢治と響きあう世界』ほか。
1986年より井上洋治神父とともに「風の家」運動を行い、現在もその機関誌「風(プネウマ)」を発行する風編集室代表。

カレンダー

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top