〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

初聖体34-2001-4

初聖体のお祝いカード
カード:17.0cm×16.5cm
封筒:18.0cm×12.0cm
型番 323557
販売価格 326円(税込)
購入数



  • カード:17.0cm×16.5cm

  • 封筒:18.0cm×12.0cm

  • 二つ折り・中は白無地・封筒付き

  • イタリア製


初聖体のお祝いカードです。
"Congratulations on Your First Holy Communion"



初聖体と頻繁な聖体拝領──(クリックで開きます)

 キリスト信者は、ふつう、感謝の祭儀の中で、キリストのからだ(聖体)をいただきますが、初めて聖体をいただくことを初聖体といいます。幼児洗礼を受けた子どもたちは、分別がつく年齢、つまり七歳前後になるとふさわしい準備をして、まず、ゆるしの秘跡にあずかったうえで、初聖体を行います。一方、成人の入信式のときには、同じ感謝の祭儀の中で、洗礼・堅信に引き続いて初聖体が行われます。そして、初聖体をしたすべての信者は、少なくとも年に一度は、聖体を拝領することが義務づけられています。
 しかしこれは、キリストとのつながりを保たせるための最低限の掟であって、一九〇五年にピオ十世教皇は、たとえ小罪があっても大罪をもたず、愛によって神に結ばれたいという気持ちをもっているならば、たびたび、そして毎日でも、聖体拝領するようにと勧めました。それは、「キリスト信者が、この秘跡によって神と一致し、それによって浴場を抑えるため、そして人間的な弱さから犯す大罪を防ぐための力を得るためである」と教えています。

聖体拝領は、本来「日ごとの糧」として、感謝の祭儀の中で一日一回というのが原則です。しかし、すでに聖体を拝領した者は、同じ日に行われる別の感謝の祭儀に参加して、もう一度聖体を拝領することができますので、例外的に、一日、二回まで聖体拝領ができることになります。このようにキリスト信者は、ふつう、感謝の祭儀の中で、聖体をいただきますが、病気やけがなどで、感謝の祭儀に集えない信者のために聖体を保存し、それを司祭、助祭、あるいは他の奉仕者が運んで拝領させる場合もあります。
 いずれの場合にしても、重大な罪を意識している人は、まず、ゆるしの秘跡にあずかってから、聖体をいただくようにしなければなりません。そして聖体を拝領する場合には、老齢者や病人を除いて、拝領の少なくとも一時間前から、水または医薬以外の一切の飲食を控えて準備します。
──『カトリックの信仰生活がわかる本』(女子パウロ会 発行)「秘跡について 白浜満」より





──女子パウロ会公式サイトLaudateより──
【丸いシンボルに「JHS/IHS]】
これは、ミサの中で聖別され「聖体」となったホスチアです。
→キリスト教マメ知識「ホスチア」

【JHS/IHSとは】
ラテン語で「救い主イエス」を表す、Jesus Hominum Salvator/Iesus Hominum Salvatorの頭文字。

カレンダー

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top