〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

少年キリスト立像

エルサレムの神殿で、学者たちの前で話をする、少年イエスの姿のご像
寸法:縦18.5cm×横10.5cm×奥行4.5cm
型番 439320
販売価格 1,320円(税込)
購入数


  • 寸法:縦18.5cm×横10.5cm×奥行4.5cm

  • 陶器/日本製


エルサレムの神殿で、学者たちの前で話をする、少年イエスの姿です。
その時には、母マリアにも、養父ヨセフにも、その意味がわからなかったこと……
救いの神秘を理解する中での、大切な出来事のひとつでした。


【神殿での少年イエス】(クリックで開きます)

 イエスさまは、ナザレという町で成長されました。
ヨセフから大工の仕事を教わり、学校ではユダヤの宗教について教わります。

12歳のときのすぎこし祭に、イエスさまはマリアとヨセフといっしょにエルサレムの神殿におまいりされました。
帰りにイエスさまのすがたが見えません。
マリアとヨセフはいっしょうけんめいにさがして、やっとイエスさまを見つけました。

イエスさまは神殿でえらい先生たちに話しておられたのです。
「どうして、わたしたちを心配させるの?」といったマリアに、イエスさまはお答えになりました。
「わたしはお父さまの家にいるって、知らなかったの?」

でも、それからイエスさまはマリアとヨセフにしたがって家に帰り、ずっと従順で、よい子として成長していかれました。
──『わたしの聖書』(女子パウロ会 発行)




──女子パウロ会公式サイトLaudateより──
【神殿にいる少年イエス:そのとき、両親にはその意味がわからなかった】
「どうしてわたしを捜したのですか。
 わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、
 知らなかったのですか。」(ルカによる福音書2:49)
イエスさまのことばの意味を、母マリアも、養父ヨセフも、わかりませんでした。

<大天使ガブリエルからイエスがだれであるかを告げられていたマリアですが、
 イエスのこの言葉が理解できなかったと福音書は記しています。
 そして、「母はこれらのことをすべて心に納めていた」と。

 時が来るまで、マリアはこの出来事を心に抱き続けるのです。
 こうすることがイエスを知ることにつながるからです。
 このマリアの心は、いつの時代も私たちキリスト者の模範です。
 こうしてさまざまなイエスとの出来事、体験をとおして、
 マリアはイエスの理解を深めていくのです。
 母の心は十字架のもとにまで立たせるのです。
 イエスと生涯を共にされたマリアの心はどのようであったでしょうか。>
→教会カレンダー「聖母のみ心」

関連商品


わたしの聖書

1,320円(税込)


カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top