〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

子どもキャンドル台いのり

しんけんにおいのりをするかわいい子どもと燭台の置物
型番 439323
販売価格 809円(税込)
購入数


  • 寸法:縦10.5cm×横9.0cm×奥行5.0cm

  • 台座:木 /キャンドル台・ご像:陶器

  • キャンドル1本付属(直径約2.1cm)

  • 日本製


しんけんにおいのりをするかわいい子どもと燭台の置物です。
手をあわせ、目をつむり、天におられるお父さまへ、祈ります。
ろうそくに火を灯し、わたしたちもともに手をあわせ、
天におられるお父さまへ、心をこめて祈りましょう。

キャンドル台の部分に、小さなドライブーケなどを飾っても、かわいいですよ。


【ナンニモナシに、神の前に立つ──】(クリックで開きます)

小学校の三年生のころだったと思う。
家に神棚と仏壇があり、いつのまにか父母にならって、学校に出かけるまえ、ちょっと手を合わせて拝んでいく習慣がついていた。
ある日のこと、父が、
「おまえ、何を祈ってるのか?」
と尋ねた。とっさのことで、すぐことばが浮かばなかったのか、
「ウウン。ナンニモ……」
と、首をヨコに振りながら答えた。
「そうか、それでいい」
気の抜けたようなわたしの答えを意外に思う様子もなく、父はことばを足した。
「神さまの前で、一日のうち何分かでもいい。きれいな心で立ちさえすれば、それでいい」
 父はそのことを覚えていないようだが、わたしは不思議なほど鮮明に、もう四十年近くまえになる、その朝のことが思い出される。
・・・・・
戦争が始まって神社参拝が多くなった時代ではあったが、わたしの小さい祈りはそのようなものとは関係なかった。
「ナンニモナシに、神の前に立つ。」
神棚や神殿の前で手を合わせると、不思議に心がカラになるのが、なんとはなく快かった。

それから幾年もたって、青年時代に禅に傾倒し、やがてカトリックになって、カルメル会という観想修道会へ入り、現在にいたるまで、何かこの三つ子の魂が一筋に生きてきたように思えてならない。
「断一徹の不断の祈り」ということには、「ナンニモ」と答えた幼い祈りのタネが、そこにまかれていたのかもしれない。
『祈り』(女子パウロ会 発行)──奥村一郎神父 あとがきより





──女子パウロ会公式サイトLaudateより──
【光/灯/ともしび】【光/灯/ともしび という表現】
<ローソクや油で灯される光は、「わたしは世の光である」(ヨハネ 8.12)と言われた
 真理であるイエスを表す最高のシンボルです。>
→キリスト教マメ知識「燭台」

カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top