〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

沈黙のちから

かつてないほど言葉が軽んじられる時代に、批評家が問う「沈黙の秘義」。
型番 978-4-7505-1713-1
販売価格 1,430円(税込)
購入数



  • 若松英輔

  • 四六判変型 並製

  • 168ページ

  • ISBN978-4-7505-1713-1

  • Cコード:C0095

  • 亜紀書房


言葉にならないものを「心の耳」で聴くために

いくら華麗な言葉を並べても、本当のおもいが伝わるとは限らない。
うまく語ってはならない。
文字にならない、消えない熱を伝えなければならない。
――詩を書くこと、耳を傾けること、祈ること。

自らの体験に照らしつつ、言葉の向こう側に広がる沈黙の意味に迫るエッセイ集。
かつてないほど言葉が軽んじられる時代に、批評家が問う「沈黙の秘義」。


手紙を書こうとするとき、私たちが相手に、ほんとうに送り届けたいと思っていたのは、さまざまな出来事だけではなく、相手へのおもいではないでしょうか。そうしたおもいは、ほとんどの場合、言葉になりません。文字や声といった器には入り切らないのです。でも、それは消えない熱となって手紙を包んでいる。(本文より)

初版発行:2021年9月16日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ



機セ蹐砲弔い
供ジ斥佞僚わるところで
掘タじるということ

著者紹介


著者:
若松 英輔(わかまつ えいすけ)
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡智の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第16回角川財団学芸賞、2019年に第16回蓮如賞受賞。
著書に『イエス伝』(中央公論新社)、『悲しみの秘義』(ナナロク社、文春文庫)、『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波新書)、『詩集 たましいの世話』『本を読めなくなった人のための読書論』『弱さのちから』『読書のちから』(以上、亜紀書房)、『詩と出会う 詩と生きる』(NHK出版)、『霧の彼方 須賀敦子』(集英社)など多数。

カレンダー

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top