〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

霊的指導の実践

神と呼ぶ〈神秘〉と出会うために、霊的指導、黙想指導にかかわるすべての人の必読書。
型番 978-4-907991-84-5
販売価格 2,310円(税込)
購入数


  • ウィリアム・A・バリー+ウィリアム・J・コノリー 著 / 村上芳隆+清水 弘 訳

  • 312頁 /A5判 並製(ソフトカバー)

  • 教友社 発行

  • ISBN978-4-907991-84-5 /Cコード:C3016


指導をするもの、受ける者、両者が共に神と呼ぶ〈神秘〉と出会うために
霊的指導、黙想指導にかかわるすべての人の必読書。

本書は読むための本ではない。これを読み実践することが大切である。
指導者は教える人ではない。神と人とが出会うこと。これが最終目標である。
指導者の役割は指導を受ける人を神に向かうように助けること。そのために、自分もまた神に向かう人として同伴するのである。
(訳者あとがき)

2022年8月15日 初版発行

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



目次


第二版序文
第1部 霊的指導の紹介
 第1章 霊的指導とは何か
 第2章 宗教体験の重要性

第2部 指導を受ける者と神との関係を育むこと
 第3章 神と個人の間のかかわり
 第4章 観想的態度の養成
 第5章 主要な内的事実について人が神と分かち合うのを助ける
 第6章 かかわりと抵抗
 第7章 宗教体験を識別する基準

第3部 指導者と指導を受ける者との関係について
 第8章 霊的指導者になっていく
 第9章 霊的指導者と指導を受ける人のかかわりの基本
 第10章 指導上、妨げとなること
 第11章 霊的指導におけるスーパービジョン
 第12章 おわりに

訳者あとがき
語句対照表並びに主要な記事の簡易説明


著者紹介


ウィリアム・A・バリー SJ(1930-2020)
1962年 司祭叙階
1968年 臨床心理学博士
1971年 「宗教開発センター」設立・所長
1982年 コノリー師と共著で『霊的指導の実践』
    養成担当 管区長補佐 第三修練長
1991-97年 ニューイングランド管区長
霊的指導、霊的指導者養育に尽力

ウィリアム・J・コノリー SJ(1925-2013)
1956年 司祭叙階
1958-68年 図書館学履修、図書館司書
1971年 「宗教開発センター」設立に参加
1973-97年 第三修練長補佐
1997-98年 イエズス会教育センター協働者
霊的指導、霊的指導者養育に尽力

訳者紹介


パウロ三木 村上芳隆 OMF
1953年 福岡市生まれ
1977年 フランシスコ会で初誓願
1982年 司祭叙階。札幌・北見で小教区司牧担当
1988年 有期誓願期養成チーム
その後、修練長、管区本部事務局長、副管区長を経て現在、フランシスコ会管区長

F・ザビエル 清水弘 SJ
信州・伊那出身
1981年 司祭叙階
六甲学院、栄光学院、広島学院で教職
六甲学院で校長
その後、広島、山口、島根地方で小教区司牧
現在、西日本霊性センター所長

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top