〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

福音と教会あれこれ

様々な機会に著者が講演したこと、体験や読書で教えられたことなどが書かれている。
型番 4-88382-071-8
販売価格 864円(税込)
購入数



  • 鳥巣義文 著

  • 四六判 並製

  • 184ページ

  • ISBN4-88382-071-8

  • Cコード:C1016

  • 新世社


様々な機会に著者が講演したこと、体験や読書で教えられたことなどが書かれている。

もくじ


はじめに
第一章 日々の思いあれこれ

  一 宗教と人間─年頭に思うこと
  二 真理の霊に聴く
  三 多元主義とキリスト告白
  四 文化祭に来た被爆マリア像
  五 ひとつの巡礼
  六 奉仕する王─イエスの模範
  七 一致への願い
  八 幼児洗礼─教会への恵み
  九 人質事件に垣間見たこと
 一〇 父と子と聖霊
 一一 大切なこと─共にあること

第二章 福音書のイエスあれこれ
 第一節 新しい兄弟姉妹の共同体─マルコに描かれたイエスとその対人関係の吟味
  一 イエスと家族や親類また郷里の人びと
  一・一 ナザレ出身のイエス
  一・二 郷里の人びとのイエス理解
  一・三 心配する身内の人びと
  一・四 真の兄弟姉妹の共同体
  二 イエスと弟子たち
  二・一 弟子の召命
  二・二 人々へ向かうイエス
  二・三 新しい共同体
  二・四 新しい価値観
  二・五 共同体の使命と祈り
  三 イエスと民衆
  三・一 もう一つの派遣のあり方
  三・二 イエスの協力者
  三・三 野次馬的でない信仰
  三・四 ファリサイ派と律法学者
 第二節 イエスと共にあり、学ぶこと─ルカ一〇・三八─一一・三六をめぐって
  一 テキストの区分と関連箇所
  二 各部分の主な内容
  二・一 マルタとマリア─信仰生活において、より大切なこととは何か
  二・二 父である神、私たちの神に祈る姿勢
  二・二・一 主の祈り
  二・二・二 夜中にパンを求める友の譬
  二・二・三 祈りへの励まし
  二・三 ベルゼブル論争─悪霊と戦うイエスが示す神の国の到来
  二・四 汚れた霊が戻ってくる─活動する悪霊の感触
  二・五 真の幸い─幸いなのは神の言葉を聞いて守る者
  二・六 ヨナのしるし─ヨナよりも「大いなるもの」の現存
  二・七 周囲を照らすともし火、ともし火は目、人の内にあって全身を輝かせる光
 第三節 神の国の奥義─マタイ一三・一─五八をめぐって
  一 テキストの範囲
  二 共観福音書間の関連
  三 テキスト内部の関連
  三・一 ブロック分け
  三・二 ブロック分けの理由
  三・二・一 意識された「弟子」と「群衆」の違い
  三・二・二 「譬」の用いられ方
  四 各ブロックの内容の説明
  四・一 海辺で─群衆の目前で
  四・三 故郷で
  五 何が神の国の奥義か
  五・一 「既に」与えられているしるし
  五・二 小さな兄弟姉妹
  五・三 イエスの「くびき」

第三章 教会の人々の生活あれこれ
 第一節 リヨンのエイレナイオス
  一 二世紀の小アジアの出身
  二 ガリア地方での宣教活動
  三 教会の平和のために尽力
  四 正統信仰の擁護
  五 神の恵みへの信頼と人間の成長の確信
 第二節 教会の中での求道生活
  一 イエス・キリストへの信従
  二 修道生活の起源と制度的発展の跡づけ
  三 修道生活の精神的中心である「福音的勧告」
  三・一 清貧
  三・二 貞潔
  三・三 従順
  四 信従の持つ社会的責任ないし使命
おわりに

著者紹介


著者:
鳥巣義文(とりす よしふみ)
1954年生まれ。
南山大学文学部卒業。
同大学院文学研究所を経て、ウィーン大学神学部(カトリック)博士課程修了。
神学博士(Doktor der Theologie)。
現在、南山大学人文学部教授。

著書:
Gotto und Welt. Eine Untersuchung zur Gotteslehre des Irenaus von Lyon, Netteral (Steyler Verlag) 1991. 『対話と告白─キリスト教とイスラームの神理解をめぐって』(新世社、2001年)。『信仰の感性を育む─平和建設のために』(新世社、 2002年)。『三位一体の神と救い─現代人のための一論考』(新世社、2005年)。

翻訳:
ストゥディオスのテオドロス「聖画像破壊論者への第一の駁論」 上智大学中世思想研究所『中世思想原典集成3 後期ギリシア・ビザンティン思想』(平凡社、1994年) 717-744頁など。

カレンダー

2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top