会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

こどものおいのり

子どもたちが朝起きて夜ねむるまで、なんでも神様に語りかけるお祈りの絵本です。
型番 245
販売価格 864円(税込)
購入数




子どもたちが朝起きて夜ねむるまで、心からの感謝やのぞみ、お願いなどなんでも神様に語りかけるお祈りの絵本です。通園バッグに入る大きさで、どこでも持ち運びできます。幼稚園年小(3歳)以上向けです。

おとなの方へ
子どもたちが、お祈りを理解するには、お祈りをじっさいに、わたしたちおとなと一緒にすることをとおしてしかないのです。おりにふれ、一日の中で、家庭で、両親、きょうだいと一緒に祈ったり、お友達と一緒に祈ったりしながら、子どもたちは少しずつ、祈りが、神との心の交わりであることを、体験的にわかっていくようです。
子どもたちにとって、祈りが「長くて、わからなくて、たいくつな時」と感じられるのではなく、「わたしたちの心を、やさしい神に向け、心からの感謝や望み、そして願いを神に語りかける、平和なひととき」となるようにと願って、この小さな本ができました。子どもたちと一緒に祈っているあいだにできてしまった本です。  (著者より)


初版発行:1987年3月15日
31刷発行:2017年4月3日


著者紹介


著者:
景山あき子(かげやま あきこ)
援助修道会会員。
聖心女子大学卒業後、パリカトリック大学で神学を学ぶ。
宗教教育のかたわら、子どものための月刊保育・絵本の出版にたずさわっている。


画家:
落合稜子(おちあい りょうこ)
東京に生まれる。
画家カルペンチール神父に学ぶ。
日本児童出版美術家連盟会員。
こどもの文化研究所所長。
Top