〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

沈黙の存在〜教会における女性の役割〜

聖書の中の女性たちの足跡を追い、第2バチカン公会議の女性に関わる決定事項を前教皇ヨハネ・パウロ2世の教えに照らし合わせている。
型番 978-4-8056-5814-7
販売価格 1,728円(税込)
購入数



  • E・アダミャク 著

  • 田村和子、アレクサンドラ・シュチェフラ 共訳

  • B6判 並製

  • 264ページ

  • ISBN978-4-8056-5814-7

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


本書はポーランドの女性に対して、教会の中に存在する女性の役割と使命について問いかけをしている。聖書の中の女性たちの足跡を追い、第2バチカン公会議の女性に関わる決定事項を前教皇ヨハネ・パウロ2世の教えに照らし合わせている。

初版発行:2008年10月25日

もくじ


序文
略語リスト

女性たちの沈黙
女性を語る言葉
女性が発した言葉
女性の奉仕
危険な言葉−フェミニズム

原書注
訳者あとがき

著者紹介


著者:
エルジビェタ・アダミャク(Elzbieta Adamiak)
神学博士。ポズナンのアダム・ミツキェヴィチ大学教理神学研究室の専任講師。
ヨーロッパ女性神学教会会議の参加者。
ポズナン在住。

主な著書:
『公会議の子どもたちは質問する』(共著、1996年)
『女たちの間で祝福された女性−カタリナ・ハルケスのフェミニズム神学におけるマリア』(1997年)
『マリアとの出会い−マリアの祝日式典へのコメント』(1998年)
『聖母マリア論』(2003年)
『エートス』、『絆(ヴィエンシ)』、『しるし(ズナク)』、『道にて(ヴドローゼ)』、『展望(プジェグロント ポフシェフヌィ)』、『週刊公論(ディゴドニク ポフシェフヌィ)』の各誌上に著作を発表している。


訳者紹介
訳者:
田村和子(たむら かずこ)
札幌生まれ。1
979年より1年間、家族と共にポーランドのクラクフ市に滞在。
帰国後、マヤコフスキー学院および早稲田大学語学研究所にてポーランド語を学習。
その後、東京外国語大学研究生、クラクフ教育大学研究生としてポーランドの児童文学を学ぶ。
岩手県金ヶ崎町在住。

主な訳書:
『クレスカ15歳、冬の終わりに』(岩波書店1990)、『竜の年』(未知谷1999)、著書に『生きのびる』(草の根出版会2000)、『ワルシャワの春』(草の根出版会2003)がある。


訳者:
アレクサンドラ・シュチェフラ
ポーランドのホジェフ生まれ。
クラクフのヤギェウォ大学日本語学科中国語学科の助手。
14年前から日本の女性作家に興味を持ち、日本に2回、留学。
2005年 『津島佑子の本の中の女性のアイデンティティを問う』という論文で博士号を取得。
夫と二人の娘と共にワルシャワに在住。

関連商品


カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top