〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント3倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

現代カトリック思想叢書25 現代カトリック倫理の伝統

カトリック的な倫理生活と倫理神学・霊性神学──教皇の回勅、第2ヴァチカン公会議公文書等に記されている文献を参照しながら教会の中で生きるキリスト者にとっての良心や徳の問題を、幅広い見地から示唆してくれる書。
型番 3480562816
販売価格 3,740円(税込)
会員のみ購入できます

  • チャールズ・E・カラン 著 /清永俊一 訳

  • 420ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-2816-4 /Cコード:C3316


カトリック的な倫理生活と倫理神学・霊性神学──
教皇の回勅、第2ヴァチカン公会議公文書等に記されている文献を参照しながら
教会の中で生きるキリスト者にとっての良心や徳の問題を、
幅広い見地から示唆してくれる書。

初版発行:2008年11月30日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


緒言

第一章 背景としての教会
第二章 スタンス
第三章 モデル
第四章 人格
第五章 諸徳
第六章 原則
第七章 良心
第八章 教会の教え

結び

訳者あとがき

〔巻末記載〕
翻訳文献
原注


著者紹介


著者:チャールズ・E・カラン(Charles E. Curran)
アメリカのカトリック司祭で、著名な倫理神学者。
以前はアメリカ・カトリック大学の神学部の学部長であったが、教皇庁により解任され、現在は、
アメリカのダラスにあるサウザン・メソジスト大学のエリザベス・スカーロック大学の「人間の価値」講座の教授。
アメリカ神学会とアメリカ・カトリック神学会、そしてキリスト教倫理学会の会長を務めてきた。
著者ないし編著者として四十冊以上の著作がある。
特に、長年にわたってイエズス会のリチャード・A・マコーミックと共にReadings in Moral Theologyシリーズの編著者である。

最近の著書:
Catholic Social Teaching 1891-Present: A Historical, Theological and Ethical Analysis, Georgetown University Press, 2002; The Moral Theology of Pope John Paul II, Georgetown University Press, 2005; Loyal Dissent: Memoir of a Catholic Theologian, Georgetown University Press, 2006.



訳者:清永俊一(きよなが しゅんいち)
1948年 宮崎県に生まれる。
21歳の時にカトリック教会で受洗し、その数年後にフランシスコ会に入会。
1983年 教皇庁立東京聖アントニオ神学院卒業、カトリック司祭叙階。
1986年から1991年にかけて教皇庁立ラテラノ大学アカデミア・アルフォンシアーナで倫理神学を専攻。
現在は、東京聖アントニオ神学院倫理神学教授。

カレンダー

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top