〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

美しいものを信じて 兄弟を通して神様のもとへ

目に見える兄弟を愛せないで、どうして目に見えない神を愛せましょう。―イジーノ・ジョルダーニの言葉より。
型番 978-4-8056-0811-1
販売価格 1,320円(税込)
購入数



  • フォコラーレ 編集・監修

  • B6変型 並製

  • 168ページ

  • ISBN978-4-8056-0811-1

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ



人はだれでも心の奥底で「美しいものを信じて」生きていきたいと願ってはいないだろうか。
その願いが出会うとき…私たちは神さまの想いとひとつになっていく。
人々との関わりの中で、本書はそのような福音的愛の体験を一冊の本にまとめたものです。

「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25・40)というイエスのみ言葉にあるとおり、私たちが隣人に対してすることを、イエスはご自身になされたこととして受け取られます。神様への愛と、隣人への愛は切り離すことができないということ、兄弟とのやりとりは、神様とのやりとりになるということでしょう。(「あとがき」より)

初版発行:2017年2月27日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


 まえがき
 すすめの言葉
  カトリック長崎大司教区 大司教 ヨセフ 高見三明

1 わたし 兄弟 神様
   ぼくも同じだよ
   司教からの小さなプレゼント
   共通点を探す努力
   「自分が正しい」という考えをわきに置く

2 ゆるし
   イエス様、これをプレゼントします
   神様は、私の痛みをすべてご存じ
   小さな愛の行いの奇跡
   今度だけは、ゆるしてあげる

3 現代人への招き
   人間的な思いを捨てて委ねる
   隣人にしたことは、神様にしたこと

4 祈り
   神様だけと向かい合う時

5 死
   「死」ではなく「神様」を見ている
   永遠に続く対話

6 福音宣教
   泣く人と共に泣く
   教会は相互愛を生きる場所

7 違い
   違いを受け止めるゆとり
   イエス様のほほ笑み

8 み言葉
   福音の約束は本当
   真の革命の原動力

9 闇
   あなたは、ママの宝物よ!
   闇に包まれた恵み

10 天の父
   大きくて、広くて、とても優しい方は誰?
   神に感謝!

11 老い
   神様にお返しする
   ロウソクのように燃える「いのち」

12 喜び
   お母さん、ありがとう!

13 信頼
   あの子の分まで生きてください!
   見えなくても信じる
   聖霊が教えてくださる

14 肉の心
   神様がくださる出会い

15 寄り添う
   隣人を自分のように愛しなさい
   生きていてくれて、よかった!

16 母の愛
   マリア様を見つめて

17 自分の百パーセント
   喜んで生きてほしい
   本物の愛の行い

18 神から呼ばれる―召命
   生活様式ではなく、まずイエス様を選ぶ
   何が起きても、必ず神様の愛がある

19 一つの家族
   神様を中心においた新しい家族

 あとがき
 出典

著者紹介


編集・監修:
フォコラーレ
1943年、キアラ・ルービック(1920〜2008年)の自己奉献により、北イタリアトレントでフォコラーレ運動(正式名:マリアのみ業)が誕生。「皆が一つになりますように」というイエス・キリストの祈りの実現に向かって、愛と一致の精神は、カトリック教会の枠を超え、諸キリスト教会、諸宗教、さらには特に宗教を持たないという人々の間にも広がった。国境、世代を超え、この精神を生きる人々によって、兄弟姉妹愛と一致の文化が世界の至る所に築かれている。創立者キアラ・ルービックには、宗教界のテンプルトン賞(1977年)をはじめ、ユネスコ平和教育賞(1996年)、欧州人権賞(1998年)ほか数々の名誉博士号が授与されている。2013年、教皇庁によりキアラ・ルービックの列福調査が開始された。

カレンダー

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top