〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

吉利支丹抄物 [解説と現代訳]─書き残されていたキリシタンの信仰─

1920年に発見されたキリシタンの「革表紙の手帳」を読み解く。
型番 978-4-907991-49-4
販売価格 756円(税込)
購入数



  • 坂井良美 著

  • B6判 並製

  • 124ページ

  • ISBN978-4-907991-49-4

  • Cコード:C3016

  • 教友社


1920年、あの「ザビエルの肖像画」と共に発見された革表紙の手帳。
その中に記されていたキリシタンの指導者よる教え─
「ミサにあずかる心得」「聖体の連願」「祈りと黙想の手引き」を読み解く。
初めて公表される注目の文献。

初版発行: 2018年12月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


前文――ザビエル聖人の腕力(内藤徹男)

第一部
1.はじめに
2.「吉利支丹抄物」とは
3.ミサにあずかる心得
4.聖体の連願
5.祈りと黙想の手引き
6.おわりに

第二部
読む前に
一週間に分ける最初の黙想(メヂサン)の七ヵ条
 第一 月曜日(セクンドへリア)
 火曜日(テルシヤヘリア)
 水曜日(クワルタへリヤ)
 木曜日(キンタヘリヤ)
 金曜日(セスタへリア)
 土曜日(サバト)
 日曜日(ドミンゴ)
 右の黙想(メヂタサン)ならびに、その恵みのこと
願い求める祈りの基本
「観念」の項目
対話(コロキヨ)の祈り
同 サンタマリヤへ
死の「観念」
アベマリヤの時に願い求める祈り 貴きサンタマリヤの境遇を「観」る
糾明(エサメ)のこと
御糾明の「観念」

あとがき

著者紹介


著者:
坂井良美(さかい よしみ)
兵庫県出身、カトリック信徒。
「キリシタンの里」だった千提寺での黙想会に参加し、1987年受洗。
以来、この地で受け継がれてきた信仰を伝えたいと願い、現在に至る。

カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top