〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

浦上四番崩れ 片岡弥吉全集3

一村総流罪、悲惨な拷問など、想像を絶した苛酷な弾圧にも屈せず、信仰の自由をかちとったのは、神へのまっすぐな信仰心と厳しく純粋な精神のゆえであった。綿密な踏査と得難い資料、かけがえのない語り手によって、ここに近代の黎明期の裏面が躍動的に浮かび上がる。
型番 978-4-434-25833-6
販売価格 3,520円(税込)
購入数


  • 片岡弥吉

  • 497ページ /A5判 上製(ハードカバー)

  • 智書房 発行

  • ISBN978-4-434-25833-6 /Cコード:C0321


政治と宗教の相克摩擦は、
どこの国にも古くからあったし、今もある。
しかし我が国の近世から近代に及ぶキリシタン弾圧ほど、
長い間残虐に行われた例は少ない。

「浦上四番崩れ」はそのキリシタン迫害史の最後の一コマである。

一村総流罪、悲惨な拷問など、
想像を絶した苛酷な弾圧にも屈せず、信仰の自由をかちとったのは、
神へのまっすぐな信仰心と厳しく純粋な精神のゆえであった。

「浦上四番崩れ」は実に近代を生み出すために
日本が耐えねばならなかった陣痛であったといえよう。

愚昧な農民にすぎないと見られていたキリシタンたちが、
幕府を手こずらせ、明治政府に政策転換を余儀なくさせたのは、何によるのか。
権力の無慈悲な暴力にも屈せず、
死をも賭して信仰を守りぬいた力は何か。

その歴史にある浦上の地にあって、
キリシタンの歴史を仔細に調査、研究した著者は、
彼らの悲惨と栄光の苦しい歩みをあとづけ、
そのひたすらな良心の美しさを描きあげる。

綿密な踏査と得難い資料、かけがえのない語り手によって、
ここに近代の黎明期の裏面が躍動的に浮かび上がる。

初版発行: 2019年3月16日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

一 浦上四番崩れ 明治政府のキリシタン弾圧
 『浦上四番崩れ』補遺
 信徒発見当時の最初の発言者について
 Laucaigne司教の名の訓み方について
 『浦上四番崩れ』索引

二 浦上教徒事件関係論考
 阿部真造について 諜者か、信者か
 配流浦上キリシタンの教諭について
 異宗門徒人員帳の研究
 高木仙右衛門 浦上四番崩れの抵抗
 浦上崩れとキリシタン遺物
 太政官諜者のスパイ活動 キリシタン取締り秘史

三 「旅」の話
 サダ女覚え書
 牢面桶

おわりに


著者紹介


片岡弥吉(かたおか やきち)
1908年長崎県生。日本大学卒。
純心女子短期大学副学長、1980年2月21日没。

カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top