〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

花冠はなかんむりの聖母 ―初めての聖書、聖人、いのち―

聖書と聖人、生命倫理のやさしい手引き書。
型番 978-4-88216-376-3
販売価格 1,620円(税込)
購入数



  • 崔友本枝 著

  • 四六判 並製

  • 306ページ

  • ISBN978-4-88216-376-3

  • Cコード:C0016

  • 聖母の騎士社


カトリックの中高で、20年間宗教を担当した著者が、キリスト教に関心ある全ての人と中高生のためにかきあげた1冊。聖書と聖人、生命倫理のやさしい手引き書。

初版発行:2019年3月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


まえがき

第一章 私に注がれた神さまのいのち
    はじめに
    一、胎児であった私を見ていた方
    二、小さないのちの権利
    三、神の国の住人
    四、すべてを愛される主
    五、永遠のいのち
    六、いのちを守る人々
    七、養子縁組で幸せになった子どもたち
    八、いのちの与え合う
    九、いのちへの脅威
    十、小さないのちを支えた夫婦

第二章 イエスを愛した人たち
    第一話 聖マザーテレサの生涯(神さまの招き)
    第二話 聖マザーテレサ(貧しい人はすばらしい)
    第三章 聖ベルナデッタとルルドの泉
    第四話 リジューの聖テレーズ(バラの雨)
    第五話 聖マキシミリアノ・マリア・コルベ神父
    第六話 聖コルベ神父さまと「不思議のメダイ」
    第七話 永井隆博士
    第八話 アリの街のマリア、尊者・北原怜子
    第九話 聖マルガリータ・マリア・アラコック
    第十話 聖ヨハネ・マリア・ヴィアンネ
   第十一話 アシジの聖フランシスコ(1)
   第十二話 アシジの聖フランシスコ(2)
   第十三話 福者・ユスト高山右近

第三章 神の愛の贈り物
    一、信仰の書としての聖書
    二、人は神に似せて造られた
    三、信仰の父、アブラハム
    四、出エジプト
    五、ヨシュアからダビデ王まで
    六、お告げの場面
    七、聖母の喜び
    八、主のご降誕
    九、主の洗礼
    十、イエスは「神の国が来たこと」を告げる
   十一、主の恵みの年
   十二、イエスの弟子たち
   十三、ペトロ、ヤコブ、ヨハネ
   十四、イエスのまなざし(「ザアカイ、急いで降りて来なさい」)
   十五、イエスの教え(「わたしもあなたを罪に定めない」)
   十六、イエスは羊飼い
   十七、イエスとサマリア人
   十八、救い主のしるし
   十九、最後の晩餐
   二十、ご受難
  二十一、イエスは復活された!
  二十二、聖霊が注がれる

第四章 祈り
    一、ロザリオの祈り
    二、祈りの言葉
    ☆使徒信条
    ☆主の祈り
    ☆アヴェマリアの祈り
    ☆栄唱
    ☆平和を求める祈り
    ☆聖霊への祈り
    ☆聖母マリアのご保護を求める祈り

巻末エッセイ
    第一回 神さまが一番!
    第二回 神父さまの悪口を言わない
    第三回 貧しい人に愛を示す
    第四回 ご聖体のイエスさまを愛する
    第五回 ロザリオを好きになった日
    第六回 死者のために祈る
    第七回 静かなひと時をつくる
    第八回 祈る姿
    第九回 愛と苦しみ
付録
    まとめ
    主な参考文献

あとがき

著者紹介


著者:
崔友本枝(ちぇー ともえ)
札幌生まれ。藤女子大学文学部国文科卒業。
大韓民国総領事館勤務を経て、ソウル大学付属在外国民教育院卒。
上智大学神学部卒。同大学大学院神学研究科神学専攻博士前期課程修了。
中高の宗教の教員をしながらエッセイを発表。
著書に、『在日コリアングラフィティー』(文芸書房)、『羊たちの賛歌』(教友社)がある。ラジオ「こころのともしび」では毎月エッセイを発表している。

カレンダー

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top