〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

聖母マリアのカンティーガ 中世イベリア信仰と芸術

信仰と芸術の遺産とも言える『賛歌集』の中から5つの主題にふさわしい数篇のカンティーガを選んで読み解き、主題ごとに魅力を探る。
型番 978-4-8056-4835-3
販売価格 2,310円(税込)
購入数


  • 菊地章太

  • 246ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-4835-3 /Cコード:C0016


13世紀にイベリア半島の中ほどにあった
カスティーリャ・レオン王国の王アルフォンソ10世は、
聖母マリアをたたえる詩歌を集成した。
『聖母マリアのカンティーガ集』と通称される。
それは『聖母マリアの讃歌集』、あるいは『頌歌集』とも言われる。
カトリックでは『聖母マリア賛歌集』と記す。

本書は、信仰と芸術の遺産とも言える『賛歌集』の中から
5つの主題にふさわしい数篇のカンティーガを選んで読み解き、
主題ごとに魅力を探る。

初版発行:2020年1月30日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに──信仰と芸術の遺産

第一章 カンティーガをめざすもの
 一 アルフォンソ王の編纂書
 二 カンティーガの諸本
 三 カスティーリャの王の歌
 四 聖母のトロバドールに
 五 薔薇の中の薔薇
 六 カンティーガの詩法とその起源
 七 抒情詩のアル・アンダルス起源説
 八 ガリシア=ポルトガル文学とのつながり

第二章 聖母の奇跡のカンティーガ
 一 聖母奇跡集成への歩み
 二 少女ムーサを迎えるため
 三 物語の源泉とその展開
 四 修道士の口から花が
 五 罪にまみれた男の生涯
 六 イベリアの宗教的心性
 七 イベリアから西欧世界へ

第三章 聖地巡礼のカンティーガ
 一 奇跡の生起するところ
 二 南フランスの聖地にて
 三 黒い聖母像の奇跡
 四 生きつづける信仰
 五 異端者のひそむ街
 六 物語の典拠と生成過程
 七 ローストチキンの鳴き声
 八 港の聖マリアのもとへ

第四章 王の生涯のカンティーガ
 一 葛藤と闘病の後半生
 二 こらえがたいこの病
 三 医師の処方もおよばない
 四 アルフォンソ王の肉声
 五 癒しと感謝の日々
 六 失われた写本挿画

第五章 無原罪聖母のカンティーガ
 一 聖母の純潔をたたえて
 二 無原罪の御宿りの神学
 三 マリアの生い立ちの物語
 四 聖母の栄光のとき
 五 聖母の七つの喜び
 六 信仰と芸術の一大集成

 あとがき
 参考文献


著者紹介


菊地章太(きくち のりたか)
1959年、横浜市生まれ。
筑波大学卒業後、トゥールーズ神学大学高等研究院留学。
東洋大学教授。文学博士。
著書に『奇跡の泉へ──南ヨーロッパの聖地をたずねて』(サンパウロ)、『姿を変えたキリスト──みなし子を育てたシスターたち』(春風社)、『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』『エクスタシーの神学』(以上、ちくま新書)、『悪魔という救い』(朝日新書)、『魔女とほうきと黒い猫』(角川ソフィア)ほか。

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top