〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

テゼ共同体と出会って ―闇の中に、消えぬ火かがやく―

本書は、「テゼ共同体」とその創始者、ブラザー・ロジェに魅せられた一人の牧師の体験記であり、「祈り」とは何かを問いかけ、「祈り」へと導く書である。
型番 978-4-8056-6006-5
販売価格 1,650円(税込)
購入数


  • 上垣勝 著

  • 240ページ /A5判 並製

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-6006-5 /Cコード:C0016


1940年、フランス中部、ブルゴーニュの丘に
ブラザー・ロジェによって始まった「テゼ共同体」。

ここには現代社会がかかえる問題に答えを求めて、
毎年、全世界から多くの若者がやってくる。
一体、何が彼らをひきつけるのだろうか。
そこにはただ静かに声を合わせ共に祈るという以外にはない。

本書は「テゼ共同体」とその創設者、
ブラザー・ロジェに魅せられた一人の牧師の体験記である。

初版発行:2020年11月27日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


推薦のことば   関田 寛雄
はじめに

一章 つぶやきすら聞かれる
 一 テゼの霊性
 二 神との交わり
 三 ただ一人の祈り
 四 つぶやきすら聞かれる
 五 沈黙
 六 エリヤ
 七 パラドックス
 八 質素な素朴さ
 九 すべての人よ、主をたたえよ
 十 キリストとメナ師
十一 イコン
十二 日常性と永遠性が出会う
十三 自己嫌悪がとれる
十四 何のための質素な食事
十五 質素と豊かさ
十六 茶室でテゼの黙想

二章 テゼのスピリット
 一 光を落とした暗がり
 二 ステンドグラスの少年
 三 和室の小部屋で
 四 イコンは偶像ではない
 五 ゆきなれた路のなつかしくて
 六 どんな日も驚かない
 七 テゼのスピリット
 八 よろこびの泉
 九 多様性の一致
 十 この闇も、闇でなく
十一 柔にして剛
十二 ソース
十三 テゼ友の交流
十四 神のユーモア
十五 エキュメニズム

三章 追想のブラザー・ロジェ
 一 インタビュー
 二 母の思い出
 三 マザー・テレサの思い出
 四 ジュネーブのロジェ
 五 わずかなものから始める
 六 神はただ愛のみ
 七 心配性?
 八 ロジェの死
 九 子どもが犠牲であったら
 十 ロジェとゾシマ長老

四章 小さなテゼの集い―板橋の集いから―
 一 都心の雑踏を逃れ
 二 信仰を苦悩の上に築く
 三 人生の夜
 四 チャット広場
 五 ルーマニアのアロイス
 六 許せず苦労している
 七 忘れられない二人
 八 茶席の亭主とは違います
 九 テゼの歌集の特徴
 十 中学三年生が町の総リーダー
十一 大切な一人
十二 平和と信頼をつくりだす
十三 音が外れてもいい
十四 内面の羅針盤
十五 集いのプログラム(一例)

五章 テゼのスケッチ
テゼのスケッチ

あとがき
参考文献


著者紹介


上垣 勝(うえがき まさる)
1942年生、大阪府出身。
製鉄会社を経て献身。
日本キリスト教団牧師、教誨師、幼稚園理事長。
福岡、青森、福井、東京の教会で47年間伝道教会。
2020年3月 引退。
現在 板橋区在住。

カレンダー

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top