〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

自由は域を超えて―現代キリスト教と倫理〜上智大学夏期神学講習会講演集〜

本書は、2004年、「キリスト教と倫理?」のテーマで開催された上智大学神学部夏期講習会の講演集です。
型番 4-8056-3902-4
販売価格 3,024円(税込)
購入数



  • 光延一郎 編著

  • B6判 並製

  • 568ページ

  • ISBN4-8056-3902-4

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


現代の世相において、信仰者たちの士気=モラルは、いまだ揺るぎないか。
本書は、2004年、「キリスト教と倫理?」のテーマで開催された上智大学神学部夏期講習会の講演集です。あいまいになりつつあるキリスト者としての行動基準を今一度、グローバル化・紛争・性と生命などのキーワードから見渡し、教導者や神学が提供する倫理的な判断の意味を、ポスト・モダンという時代における思想や文学、霊性と倫理のかかわり、および聖書からとらえ直そうとします。困難な中で福音の価値を生き抜くための「創造的な回心」への励ましが、新たな視野を開こうとする各寄稿者により意欲的に語られます。

初版発行日:2006年8月1日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。ご了承ください。

もくじ


第1部 苦境から光へ
グローバル世界における教会の役割 輿石 勇(聖公会志木聖母教会司祭)
人間の基本的ニーズと平和 北アイルランド紛争の場合 小山 英之(上智大学講師)
生命と性について いのちへの選択 ホアン・マシア(元コミリアス大学教授)

第2部 伝統から明日へ
カトリック教会は、現代世界のどこで働くのか 森 一弘(カトリック東京大司教区司教)
カトリック教会が教えを語るとき 増田 祐志(上智大学講師)
カトリック倫理神学の形成とその現代的意味 竹内 修一(上智大学講師)

第3部 展開から実りへ
秘跡と典礼がポスト・モダン社会に果たす役割 具 正謨(上智大学講師)
現代ユダヤ教思想とキリスト教の倫理 ホアン・アイダル(上智大学講師)
文学から見た倫理と霊性 太宰治から遠藤 周作へ 片山 はるひ(上智大学助教授)
現代の恩恵論と倫理 光延 一郎(上智大学助教授)

第4部 源泉から今へ
イエスにおける「神の王国」の倫理 廣石 望(フェリス女学院大学助教授)
「兄弟を愛さない者は死の中に留まっている」 ヨハネの共同体はなぜ断言できるのか 小林 稔(上智大学神学部教授)
パウロの愛の教えとイエス 太田 修司(上智大学講師)

カレンダー

2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top