〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

テレーズ〜その生涯における苦しみと祈り〜

日本で一番人気のある聖人の一人である小さき花の聖テレーズです。彼女の自叙伝、手紙、祈り、家族の物語、伝記は、たくさん出版されていますが、本書は、聖女が隠れて生きた苦しみを取り上げています。
型番 499
販売価格 1,296円(税込)
SOLD OUT


  • フランシス・ホーガン 著

  • 山口カルメル会 訳

  • B6判 並製

  • 198ページ

  • ISBN978-4-7896-0499-4

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


日本で一番人気のある聖人の一人である小さき花の聖テレーズです。彼女の自叙伝、手紙、祈り、家族の物語、伝記は、たくさん出版されていますが、本書は、聖女が隠れて生きた苦しみを取り上げています。


「あとがき」より「あとがき」より
 聖女について書かれたものの多くは、苦しみについてよりも、むしろ、そのほほえみが語られ、生涯が甘くとられがちですが、非常に苦しい生活でした。しかし、苦しみがすべてではなく、愛がすべてです。その生涯の終わりに、苦しみをささげたとは言わず、神に愛しかささげなかったと言い切ることができた背景には、テレーズが徐々に参入していったイエスの十字架の神秘があるのです。
テレーズは言いました。「わたしの天職、それは愛です」(自叙伝254)

もくじ


  1. 苦しみについて―多くの限界を持つテレーズ,苦しみは聖化の手段

  2. テレーズの生涯における苦しみ―幼年期 宗教的雰囲気の家庭ではぐくまれて
    4歳半〜14歳まで(1)
    苦しみの回避から脱出へ,4歳半〜14歳まで(2)
    苦しみへの熱い望み
    14歳〜カルメル会入会まで
    苦しみを、神との一致と使徒的奮発心に
    カルメル会への召命
    委託と信頼の翼で飛ぶ「小さい道」
    修道生活の初めのころ
    茨で編まれた道
    死に向かう最後の段階
    苦しみから自由に、神と人々への愛だけを渇望

  3. テレーズの祈り―観想者テレーズ,霊的な無味乾燥、闇、弱さを神にゆだねて
    信仰の試練を経て完全な浄化に


著者紹介


著者:
フランシス・ホーガン(Frances Hogan)
カトリックの在俗宣教女。
西アフリカとアイルランドにて9年間、科学と聖書を教えていたが、1975年以来、アイルランドでもっぱら聖書コースや黙想会の指導に従事し、聖書の普及につとめている。フランシス・ホーガンは、信徒の祈りの生活とキリストへの委託を深めるために、神のみことばを知らせることを生涯の使命としている。本書のほかにも、聖書やさまざまな霊的テーマに関するテープも数多い。

カレンダー

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top