〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

心の琴線に触れるイエス 井上洋治神父の言葉に出会う

日本人の感性に合った信仰を求め続けてきた──。井上洋治神父の言葉を、著者の体験を交えながら解説。初めての井上神学案内書。
型番 4-88216-274-1
販売価格 550円(税込)
購入数


  • 平田栄一

  • 162ページ /文庫本 並製(ソフトカバー)

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN4-88216-274-1 /Cコード:C0195


井上洋治神父は1986年、
「日本人の心の琴線にふれる“イエスの顔”をさがして、
一人でも多くの日本の人たちに、イエスの福音のよろこびを知ってほしい」
と願い、「風の家」をはじめ、
同時に機関誌『風(プネウマ)』を創刊しました。

著者はその六年前、1980年に井上洋治神父に出会い、
以来ひとかたならずお世話を頂きながら、学んでいる者です。
──「あとがき」より

初版発行:2006年12月1日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序にかえて

1.救いはイエスの全生涯から
2.十字架から復活へ
3.「共に在す神」の再発見
4.わたしたちに寄り添うキリスト
5.復活とは神の記憶に残ること
6.道徳主義をこえて
7.文学になった神学
8.南無アッバ──アッバ神学

あとがき

井上洋治神父主著一覧


著者紹介


平田 栄一(ひらた えいいち)
1955年埼玉県生まれ。
慶応義塾大学商学部卒。
埼玉県立羽生高等学校地歴公民科教諭。現代俳句協会員。
求道詩歌誌「余白の風」主宰、「豈」同人。
井上洋治神父に長年師事し、短詩型文学を中心に「日本人とキリスト教」について研究。
1990年層雲新人賞ほか。

著書:
『俳句でキリスト教』、『やわらかな行き方』(サンパウロ)、『雨音のなかに』、『人の思いをこえて』(ヨルダン社)、『今を生きることば』(女子パウロ会)など。
〈ホームページ〉「今を生きることば」


→井上洋治神父の「風の家運動」を引き継ぐ平田栄一のブログ:「南無アッバ」を生きる

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top