〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

江戸キリシタン山屋敷

東京・文京区小日向周辺に、キリスト教禁教時代、宣教師を収容した山屋敷があった。そこで殉教した宣教師、監禁された人たちがいた。
型番 4-88216-235-0
販売価格 660円(税込)
購入数


  • 高木一雄

  • 317ページ /文庫本 並製(ソフトカバー)

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN4-88216-235-0 /Cコード:C0195


最初は寛永16年(1639)初夏、
伝馬町牢内で拷問により転んだとされ暫く収容されていた
イエズス会ジョアン・パプチスタ・ポルロ神父と
マルチノ式見市左御門神父が送られてきた。

続いて寛永20年(1643)9月、イエズス会士4人と従者6人、
それに宝永6年(1709)11月には
イタリア人在俗司祭ジョアン・パプチスタ・シドッチ神父も送られてきた。

彼らは一様に扶持米が与えられ
仮令表面上でも転宗を誓えば
一生涯をのんびりと山屋敷で暮らせたわけであった。
──「はじめに」より

初版発行:2002年12月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

一 未知なる世界への布教
二 異教国日本とキリスト教
三 幕府のキリスト教弾圧
四 天草・島原の農民一揆
五 奥羽地方潜伏宣教師の捕縛
六 宗門改役井上筑後守下屋敷
七 キリシタン山屋敷と改称
八 歴代宗門改役とキリシタン宣教師

付記 「契利斯督記」より
キリシタン山屋敷に関する年表
付録 大名・旗本家と久留子紋について

主なる参考文献


著者紹介


高木一雄(たかぎ かずお)
「明治カトリック教会史研究」(上・中・下)「日本・ヴァチカン外交史」「大正・昭和カトリック教会史」(1)(2)(3)(4)「江戸キリシタンの殉教」「日本カトリック教会復活史」「明治カトリック教会史」(1)(2)「現代日本カトリック教会史」(1)「東京周辺キリシタン遺跡めぐり」(聖母文庫)「関東で活躍したフランシスコ会士たち」「伊達政宗と慶長遣欧使節」(聖母文庫)「東北のキリシタン殉教地をゆく」(聖母文庫)
主なる編書:「カトリック東京教区年表」

カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top