〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

世界は涙を忘れて・・・・

世界の、人の、あらゆる出来事の美しさに感応する少年の心で、哲学することの楽しさを語る。卒寿を迎えた世界的哲学者の思索集。
「婦人公論」3月7日号に書評が掲載されました。
型番 707
販売価格 2,160円(税込)
購入数



  • 今道友信

  • 四六判 上製

  • 230ページ

  • ISBN978-4-7896-0707-0

  • Cコード:C0095

  • 女子パウロ会発行



兵庫県尼崎市を流れる藻川にかかる善法寺橋にたたずむ世界的老哲学者。その思索と瞑想から湧き出る、ユーモアとおかしみの漂う少年の心と、深い洞察にみちた文明論です。

「世界は涙を忘れている。雨のない砂漠に樹木が育たぬように、涙の涸れた世界には機能は作動しているが生命の躍動がない。文明は進展しているけれども文化は衰えている。」
           本文156ページより

「今年90歳になる哲学者・美学者が、文化について、信仰について、川の流れのごとく自由に思索した随筆集。〈涙は悲しみや苦しみの象徴でもあるが、今の世にそういう涙がある人にこそ、魂が洗われる機会〉はある、という著者の言葉に勇気づけられる。」
           婦人公論 2012年3月7日号 書評より

初版発行:2012年1月25日

もくじ


I  二つの橋の物語
  橋との交わり
  ボン・デ・ザールとぜんぽうじばし
  秋の橋

II  聖母の花影にて
  〈古い断想から〉
  〈新しい断想から〉

III  貧しい贈り物
  長言法と短言法で
  世界は涙を忘れて
  本当の信仰を
  学生時代の思い出から

あとがき

著者紹介


著者:
今道友信(いまみち とものぶ)
1922年生まれ。
東京大学文学部哲学科卒業。東京大学名誉教授。
主要著書 『美の位相と芸術』(東京大学出版会 1971年)、「同一性の自己塑性」(東京大学出版会 1971年)、『エコエティカ』(講談社学術文庫 1990年)、『出会いの輝き』(女子パウロ会 2005年)、『美の存在と生成』(ピナケス出版 2006年)、『超越への指標』(ピナケス出版 2008年)、『中世の哲学』(岩波書店 2010年)、『教えるこころ』(女子パウロ会 2011年)他多数。

カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top