〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

老いて病み、想う

「病の効用」による気づき。
型番 978-4-902211-73-3
販売価格 864円(税込)
購入数



  • 川中なほ子

  • A5判 並製

  • 64ページ

  • ISBN978-4-902211-73-3

  • Cコード:C3016

  • 教友社



 「昨年、東北大震災に合わせたかのように、ストレス性胃腸炎のため3週間入院、退院後もひたすら休養し、少しでも食べようと努め、半年ほど体力回復を図った。酷暑のなか一人暮らしで閉じこもっていた時に、その日々が自分の人生のなかで、この今が「初めて自分のためだけであると意識した時」であることに気づいた。…中略…私は今、1人の老いた人間として社会的に役にたたないまま、また、しがらみからも解放された今、生き甲斐について考えなければならない。自由になるとは何なのであろうか。(序文より)

◎“Laudate”書籍の紹介:『老いて病み、想う』

初版発行:2012年2月29日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


序文

I 人間の欲求について
  1 生命機能について
  2 欲求の無理解が肉体的・精神的な生命機能不全という病を生む
  3 共同体のありかた
  4 身体性とは

II 老いて病むことの意味
  1 神からの働き
  2 人間の被造性
  3 人間相互の受与性
  4 人間の受与性と自由
  5 今、自由な人生のなかで
  6 病の効用
  7 生きる意味を問うて、与えられる回答としてのスピリチュアリティ
  8 行きる意味と幸福

III 結論として 再び共同体論
  顔と話しかけの意味

追加 戦争という狂気の病─私の戦争体験

著者紹介


著者:
川中なほ子(かわなか なほこ)
オクスフォード大学大学院神学部(宗教哲学専攻)卒。
神戸海星女子学院大学講師。日本ニューマン協会会員。
著書:『女子学生相談室から』(福武書店、1983年)、『生と死を考える』(共著、春秋社、1984年)、『女性学のエチカ─心が心に語る』(共著、南窓社、2001年)、『J.H.ニューマンの現代性を探る』(共著、同、2005年)、『時の流れを超えて─J・H・ニューマンを学ぶ』(共著、教友社、2006年)、『神を仰いで─命と心をつなぐ母の想い』(南窓社、2009年)。
訳書:相場均『Along A Parabora』(英訳:A・石田共訳、芸林書房、1982年)、0・チャドウィック『ニューマン』(教文館、1995年)、ノリッジのジュリアン「神の愛の啓示」『中世思想原典集成』第15巻:女性の神秘家(平凡社、2002年)、I・カー『キリストを生きる─J・H・ニューマンの神学と霊性』(共訳、教友社、2006年)。
『神学ダイジェスト』111号(ニューマン枢機卿列福記念号、上智大学神学会、2011年)に、論文・翻訳を執筆。

おすすめ商品


マリアさま

1,512円(税込)


ミサってなあに

540円(税込)


ロザリオのいのり

540円(税込)


カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top