〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

神に喜ばれる奉仕十二人の信仰論

イエズス会の12人の会員たちが、それぞれの立場からあらためて信仰について問いただし、一冊にまとめた「信仰論」である。
型番 978-4-8056-1520-1
販売価格 1,980円(税込)
購入数


  • 越前喜六 編著

  • 432ページ /B6判 並製

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-1520-1 /Cコード:C0016


利益や効率を優先する経済至上主義の現代社会にあって、
「目に見えないもの」を信じようとする行為は愚かなことか──。

名誉教皇ベネディクト16世は、
教令『ポルタ・フィディ(信仰の門)』を公布し、
福者教皇ヨハネ・パウロ2世が公布された
『カトリック教会のカテキズム』発行から20年、
第2バチカン公会議から50周年にあたる
2012年10月から2013年11月までを〈信仰年〉と定めて祝うことを発表された。

本書は、この〈信仰年〉の中で
信仰の光によって歩み続けるイエズス会の神父12人の
信仰論を著したものである。
福音を宣べ伝える彼らの証しは、
読者にとって人生を生き抜く希望の道標となるであろう。

初版発行:2013年8月10日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


巻頭言 信仰年──私たちへの問いかけ 梶山 義夫
まえがき 越前 喜六

信仰への省察
名誉教皇ベネディクト16世の信仰論──現代のコンテクストにおける信仰の遺産 高柳 俊一
哲学と信仰 中村 秀樹
信仰と理性──近世以降の神学の流れの中で 岩島 忠彦

信仰と神学
一聖書文献研究者の信仰 小林 稔
信仰を考え──実践と神学のはざまで 百瀬 文晃
信仰における倫理と霊性 竹内 修一
信仰年に教会が修道者に求めること 菅原 裕二

歴史を生きた信仰
キリシタン時代の信仰に学ぶ レンゾ・デ・ルカ
26聖人殉教史に見るキリシタン時代の「信仰表明」の二極分化 川村 信三

現代を生きる信仰
信仰年において信仰を問う──現代社会の変容の中で サリ・アガスティン
信仰への奉仕と神・人間・被造界との和解 小山 英之
私の信仰観──人間学の立場より 越前 喜六

特別寄稿
信仰を深める──信仰年にあたり ホアン・カトレット
あとがき 越前 喜六

カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top