〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

指針 人格の尊厳──生命倫理のいくつかの問題について

1987年公布『生命のはじまりに関する教書』の改訂となる指針。
神の像として造られた人間のうちには、その存在のあらゆる段階において、「独り子のみ顔」が反映されています。
型番 978-4-87750-186-0
販売価格 935円(税込)
購入数


  • 教皇庁 教理省 著

  • カトリック中央協議会 司教協議会秘書室研究企画 訳

  • 64ページ /B6判 並製

  • カトリック中央協議会

  • ISBN978-4-87750-186-0 /Cコード:C0016


1987年公布『生命のはじまりに関する教書』の改訂となる指針。
その後に見られた生命科学の進展──
とくに1997年の体細胞核移植(クローニング)によるクローン羊ドリーの誕生、
1998年のヒトES細胞(胚性幹細胞)作製の成功など──を受け、
新たに登場した生命科学技術に関しなされる倫理的考察と判断。

初版発行:2014年7月4日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序文

第一部 人間のいのちと出産の人間論的・神学的・倫理的側面

第二部 出産に関する新たな問題
 妊娠補助技術
 体外受精と胚の意図的な破壊
 卵細胞質内精子注入法(ICSI)
 胚の凍結
 卵母細胞の凍結
 胚の減数
 着床前診断
 新たなかたちの着床妨害と除胎

第三部 胚またはヒト遺伝子の操作を含む新たな治療
 遺伝子治療
 人クローニング
 幹細胞の治療応用
 ハイブリッド化の試み
 不正に採取されたヒト由来「生物学的材料」の使用

結語

訳者あとがき

カレンダー

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top