〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

教皇フランシスコ キリストとともに燃えて

2015年秋までの軌跡を反映した「エピローグ」を含む本格的評伝。
型番 978-4-7503-4297-9
販売価格 3,080円(税込)
購入数


  • オースティン・アイヴァリー 著 /宮崎修二 訳

  • 632ページ /四六判 上製

  • 明石書店 発行

  • ISBN978-4-7503-4297-9 /Cコード:C0016


2013年3月、南米大陸およびイエズス会出身で
史上初の教皇に選出されたフランシスコは、
生涯を教会改革に捧げてきた。

教皇がめざす「貧しき者のための貧しい教会」とは?
その思想の形成過程と半生を
詳細なインタビューと調査に基づいて描く本格的評伝。

「教皇は圧倒的な経済格差の中で喘ぐ
 南米アルゼンチンの人びととの交流の経験から弱者優先を説く。
 今日、経済をはじめとして、
 あらゆることにおける格差が世界中で広がっている。
 今は〈いつくしみ〉の時だ。その確信が教皇を突き動かしている」
(「訳者あとがき」より)

初版発行:2016年2月29日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。


もくじ


プロローグ

第1章 遙か遠く、遙か昔に 1936-1957
第2章 使命 1958-1966
第3章 嵐の中のパイロット 1967-1974
第4章 対立の坩堝 1975-1979
第5章 追放された指導者 1980-1992
第6章 羊の匂いがする司教 1993-2000
第7章 ガウチョ枢機卿 2001-2007
第8章 他の人のための人 2008-2012
第9章 コンクラーベ 2013

エピローグ 大いなる改革

謝辞

訳者あとがき

資料


著者紹介


著者:オースティン・アイヴァリー(Austen Ivereigh)
イギリス人作家、ジャーナリスト。
宗教・政治評論家。オックスフォード大博士。
イエズス会誌「アメリカ」のレギュラー寄稿者。
カトリック評論家としてイギリスのメディア
(特にBBC、スカイ、ITV、アルジャジーラ)で広く知られている。

訳者:宮修二(みやざき しゅうじ)
1964年東京生まれ。
立教大学大学院博士後期課程中退。
テル・アヴィヴ大学(イスラエル)留学。
イスラエル考古学、旧約聖書学専攻。
現在、立教大学、跡見学園女子大学兼任講師ほか。
『日本版インタープリテイション』翻訳監修責任など翻訳、編集業にも携わる。

カレンダー

2023年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2023年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top