会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

病という神秘

肉体の痛みを通して対座した「病むこと」「治癒すること」の意味を巡る思索の風景。
型番 978-4-902211-51-1
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 臼田夜半 著

  • 四六判 並製

  • 192ページ

  • ISBN978-4-902211-51-1

  • Cコード:C3016

  • 教友社


「私はなぜ痛むのか。私にとって病とは何か」−洗礼を受けたばかりの著者に振りかかる難病という試練。ヨブ記や中世の神秘家ヒルデガルトとの出合いによって、病めることの意味を知る。「病とは自分自身の根源へと遡ろうとする巡礼の旅であり、痛みとはこの根源に迫ろうとする激しい体の祈りである」。苦しむこと、治癒することの意味をさぐりつつ綴られた思索の断片。

初版発行:2009年9月30日

もくじ


はじめに

1 異言
2 ヨブ−痛みの存在
3 ヒルデガルト−共苦する眼差し

あとがきにかえて

著者紹介


著者:
臼田夜半(うすだ よはん)
1946年、福岡県北九州市門司区生まれ。本名臼田逸茂。
九州大学文学部中退。
平成10年度文部省(当時)学習用ソフトウエア研究開発委託事業で小・中学校道徳科授業の支援ソフトとして、日本の公教育では初めてとなる「死の準備教育」のためのCD-ROM『いのちの大切さ』(アルダス・アジール社)を企画・制作。同作品のプロデューサー及びシナリオライター。
鴨川移住後は「命の大切さを考える会」を主宰、命と死をテーマにした市民講座を継続的に開催している。
パストラル・ケアを目指す非営利団体「サクレ・クール」代表。
Top