3月30日(木)から4月2日(日)まで棚卸のため、誠に勝手ながら休業させていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

求道者とともに歩む信仰の道〜求道者養成の手引きとなる『キリスト教入信式』儀式書の解説〜

求道者養成の手引きとなるために分かりやすく解説書。
型番 688
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 横浜教区典礼委員会 編

  • B6判 並製

  • 112ページ

  • ISBN978-4-7896-0688-2

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


※秘跡 聖体関連
第二バチカン公会議後、新しい『成人のキリスト教入信式』の儀式書が整えられた。キリスト教への入信を希望する成人は、信者の共同体の中で進められる三つの段階を経て、キリストのからだである教会に組み入れられるようになった。しかし、現在にいたっても、儀式書の意義が十分に理解され実践されていない。
今回、信仰の道を、求道者とともに歩むために横浜教区典礼委員会が、『成人のキリスト教入信式』儀式書を、求道者養成の手引きとなるために分かりやすく解説したのが、本書である。

初版発行:2010年3月31日

もくじ


    はじめに

第1章 「入信儀式書」の豊かさ
第2章 入信の過程の基本的構造
第3章 第一期 前求道期
第4章 第一段階 入門式
第5章 第二期 求道期間
第6章 第二段階 入信志願者
第7章 第三期 入信志願期に行われる「清めと照らし」
第8章 第三段階 入信の秘跡
第9章 第四期 入信の秘跡直後の指導期間“ミュスタゴギア”
第10章 特別な場合の入信式
第11章 幼児洗礼後、信仰教育を受けていない成人の堅信式と初聖体、および
    初聖体後、信仰教育を受けていなかった成人の聖体拝領と堅信

    付録1 求道者の結婚状態
    付録2 日本の儀式書の歴史的背景

    おわりに
    参考資料
Top