会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

マザー・テレサは生きている〜カルカッタからの報告〜

復活者イエスとの出会いの体験にも似た出来事を通じて信仰を新たにする魂の記録。
型番 978-4-902211-58-0
販売価格 1,512円(税込)
購入数



  • 片柳弘史

  • A5判 並製

  • 218ページ

  • ISBN978-4-902211-58-0

  • Cコード:C3016

  • 教友社


著者は、かつてマザーと出会ったカルカッタの地を彼女の没後にふたたび訪れ「生きているマザー・テレサ」に出会う。復活者イエスとの出会いの体験にも似た出来事を通じて信仰を新たにする魂の記録。「神の愛の宣教者会」、「死を待つ人の家」の今は?

初版発行:2010年3月30日

もくじ


序文 シスター渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)
再びカルカッタへ
出発三日前 はやる思い
第一日目 カルカッタ到着
第二日目 再会
第三日目 マザーの誕生日
第四日目 ガンジス川の流れ
第五日目 道端の風景
第六日目 ニムタラ・ガート
第七日目 さよならカルカッタ
旅を振り返って
終わりに

著者紹介


著者:
片柳弘史(かたやなぎ ひろし)
1971年5月 埼玉県上尾市に生まれる。
1994年 慶応大学法学部卒業
1994-1995年 カルカッタに行き、マザー・テレサの下でボランティアとして働く。
1998年 イエズス会入会
2008年 上智大学大学院で修士号取得。
2008年 東京・四ッ谷の聖イグナチオ教会で司祭叙階。
現在、カトリック六甲教会助任司祭。

主な著書:
『カルカッタ日記』『愛する子どもたちへ』『わたしはあなたを忘れない』『聖なるものとなりなさい』以上(ドン・ボスコ社)
Top