会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

祈りの四季〜待降節・降誕節・四旬節・復活節〜

高田三郎氏の作曲、指揮による待降節・降誕節・四旬節・復活節の四つの指揮の典礼音楽。
型番 210083
販売価格 2,097円(税込)
購入数



  • 高田三郎 作曲・指揮

  • 声楽

  • 日本語歌詞付き

  • フォンテック







  キリスト者の一年は、神への賛美と感謝に明け暮れる日々ですが、旧約時代からの、典礼と暦を大切にする伝統を受け継いで、まずキリスト者の過越祭としての受難・死・復活を記念する典礼が盛大に行われるようになり、このいわゆる復活祭(イースター)を中心に、キリスト教の暦が形成されていきました。こうして、キリスト者の祈りにも四つの季節が生まれたのです。

合唱・典礼聖歌研究会、オルガン・綾部玲子、監修・土屋吉正

※お取り寄せとなりますので、1週間ほどお待ちいただくことになります。


曲目


I 待降節

1.天よ露をしたたらせ
2.すべての人の救いを
3.救い主を育てた母
4.神はわたしを救われる

II 降誕節
5.やみに住む民は光を見た
6.遠く地の果てまで
7.すべての王は
8.しあわせな人

III 四旬節
9.神を求めよ
10.主よあなたは永遠のいにちのことば
11.わたしは門の外に立ち
12.主は豊かなあがないに満ち
13.あなたのいぶきをうけて
14.谷川の水を求めて

IV 復活節
15.わたしは復活し
16.きょうこそ神が造られた日
17.復活の続唱
18.行け地の果てまで
19.主はのぼられた
20.神よあなたのいぶきを
21.聖霊の続唱
22.勝利と力は神のもの

著者紹介


作曲・指揮者:
高田 三郎(たかだ さぶろう)
1913年12月18日 名古屋に生まれる。
1939年 東京音楽学校作曲科卒業。信時潔、クラウス・プリングスハイムに師事
1953年 40歳で受洗。
第2バチカン公会議の典礼憲章によりラテン語のミサが日本語に移行する際に、日本カトリック司教団の依頼で典礼聖歌作曲に着手し、120曲を越える典礼聖歌を作曲した。1953〜79年 国立音楽大学教授
1979年〜 同大学名誉教授
1963〜68年 日本現代音楽協会委員長
1679〜84年 同協会委員長
2000年10月22日 帰天。
著書:
「くいなは飛ばずに」「来し方」(ともに音楽之友社刊)、「典礼聖歌を作曲して」(オリエンス宗教研究所)
Top