会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

ビーグル海峡だ!〜南北アメリカ徒歩縦横断の記録〜

周到な準備と強靱な意思で、彼は何を思い、何を願って歩き続けたのか。病弱だった少年時代のコンプレックスは、彼の人生の宝石箱だった。そして今、彼は……。
型番 484
販売価格 1,998円(税込)
購入数



  • あんばいこう 著

  • A5判 上製

  • 173ページ

  • ISBN978-4-7896-0484-0

  • Cコード:C0026

  • 女子パウロ会発行


重いネフローゼを患っていた少年、拓は、小学校四年生まではほとんど学校にも行けなかった。
やがて小児科医を目指すが、受験に失敗。「若い今にしかできないことをしよう。」
親の反対、資金援助の申し出を拒み、自らの労働で得た二百万円を持って渡米、まず北米を横断し、ついで南米の縦断を果たした。三年かけて、彼は二万キロを歩いた。
途中、山形県鳥海山の大規模開発の知らせを父から受ける。
歩きつつ青年は祈った。「ふるさとの自然が守られますように。」帰国後、生涯を環境保全のためにささげようと決意し、まずアメリカの大学でその理論を学ぼうと、学資稼ぎのために上京、建設現場で働く。間もなく重さ200キロの鉄骨が青年を直撃、帰らぬ人となった。享年26歳。
幼いころ病院の窓から眺めつづけたふるさとの山、鳥海山のリゾート開発は、構想から13年、拓の没後5年を経て、白紙撤回された。

全国学校図書館協議会選定図書

もくじ


1.少年の夢
2.北米を横断する
3.中米へはバスの旅
4.未知の大陸をひとり
5.ビーグル海峡だ!
6.旅のあと
エピローグ

著者紹介


著者:
あんばい こう[阿倍 甲(あべ はじめ)]
1949年 秋田県湯沢市に生まれる。
秋田大学中退。
1976年 無明舎出版を設立。
以来、経営者・編集者・執筆者をかねている。

主な作品:
『中島のてっちゃ』,『ひとりぼっちの戦争』(無明舎出版)、『力いっぱい地方出版』(晶文舎)、『石井さんちのおコメ』(朝日新聞社)、『なっちゃんの家』(女子パウロ会) 他。
Top