会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

原子野からの旅立ち

被爆60年にあたり、広島・長崎の被爆者をはじめ、平和と核兵器について考えている人々が語る
型番 595
販売価格 2,160円(税込)
購入数



  • 四六判 上製

  • 272ページ

  • ISBN978-4-7896-0595-3

  • Cコード:C0021

  • 女子パウロ会発行


被爆60年にあたり、広島・長崎の被爆者をはじめ、平和と核兵器について考えている人々が語る。それはまさに、今を生きる我々一人ひとりの心の深い願いを物語ってくれる。

日本図書館協会選定図書

もくじ


メッセージ:秋葉忠利
『平和アピール』:教皇ヨハネ・パウロ二世

機々島のこころ
この悲しみはわたしだけで:松原美代子
ひろしま ― 屍をこえて ― :山口裕子
あの「きのこ雲」の下にわたしもいた:長谷川儀
「きのこ雲」を撮る:小平信彦
十字架のもとで聞こえた声 ― 「ゆるしを……」 ― :服部節子
生口島(いぐちじま)に帰り着いた最初の被爆者:平山郁夫
勝ち得た自由 ― 父から聞いた原爆の話 ― :石浜みかる
憎しみの彼方へ ― 今世紀が地球最後の世紀にならないために ― :高橋昭博
再処理は核兵器につながる ― 六ヶ所村再処理工場稼働阻止を求めて ― :大庭里美
平和の礎はどこにあるのか:平岡敬

供…杭蠅竜Г
恵の丘長崎原爆ホーム別館より
1 原爆被害者へのメッセージ:ヨハネ・パウロ二世
2 「おかあさん助けて!」 ― 耳朶(じだ)に残る子どもの声 ― :石崎タミ子
3 勝利を信じて亡くなった伯父:浜本宮太
4 『鬼のごたる』 ― 被爆者が演じる被爆体験 ― :鹿山彰
生死を分けたリヤカーの前と後:清水昇
四人分を生きる日々:林田健治
がんこおやじの震える手:本村保
いのち果てる人々の祈り:秋月すが子
如己愛人 ― 被爆の日々に見た永井孝先生の姿 ― :久松シソノ
最後の贈り物:川添猛
極限状態で知った人間の本性:小崎登明
「原爆」を考える:本島等
いつか どこかで ゆるしを:深堀柱
ほのほの中にうたいつつ ― シスター江角の純心女子学園復興の歩み ― :片岡千鶴子
原子野からの旅立ち:佐藤哲夫
長崎市の使命:伊藤一長
Top