会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

世界を愛で満すために〜ヨハネ・パウロ二世100の言葉〜

この時代を生きる人々すべてに、勇気と希望を与えた前教皇が遺された説教と書簡から選んだ100の短い言葉集。
型番 625
販売価格 1,296円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • ヨハネ・パウロ鏡

  • 里野泰昭 訳

  • B6判 上製

  • 112ページ

  • ISBN978-4-7896-0625-7

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


 故教皇ヨハネ・パウロ二世の疲れを知らぬ平和への呼びかけ、困難な状況のもとで
対話による解決に根気強く取り組む姿は、この時代を生きる人々すべてに、勇気と
希望を与えてきた。遺された説教と書簡から選んだ100の短い言葉集。

"彼の思想の中心には人間があります。‥‥略‥‥
人間の友であり救い主でもあるイエスの福音は、今の時代に向け、私たちの日々の
生活に向けて語られたものであるという確信が、人間のための闘士であるこの人間
のクレドでした。" (編者S.リーゼンフェルト)

 平和と正義、人権と対話を求めつづけた前教皇が、
  すべての人々に語りかけた言葉の泉。
「愛するとは、人間にふさわしい唯一の生き方です。」(本文より)

初版発行:2007年2月25日

著者紹介


著者:
ヨハネ・パウロ二世
1920年ポーランドに生まれる。8歳のときに母を、3年後に兄を失う。
1938年クラフクのヤゲロニカ大学入学。翌年ドイツ軍侵攻により大学閉鎖。
1940年父死去。石切場で働きながら、勉学と演劇に打ち込む。
1943年クラクフの「地下神学校」に入学。
1946年司祭叙階。ローマのアンジェリクム大学に入学。
1948年神学博士号取得。ポーランドに戻り小教区の助任司祭を務める。
1953年クラクフ大神学校、ルブリン大学神学部で倫理神学教授を務める。
1958年司教叙階。1964年クラクフ大司教。1967年パウロ六世より枢機卿に任命される。
1978年10月16日第264代ローマ教皇に選出される。2005年4月2日帰天。
1981年2月来日。


訳者:
里野泰昭
1930年東京に生まれる。東京大学工学部卒業後、上智大学ラテン哲学科入学。
ドイツ、ボン大学カトリック神学部留学。同神学課程卒業後、ミュンスター、テュービンゲン、レーゲンスブルク大学に留学。帰国後、千葉大学助教授、教授。同大学定年退官後、仙台白百合女子大学教授、現在同大学特任教授。

訳書:
「新ローマ教皇 わが信仰の歩み」(春秋社)。
Top