〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

詩集 木洩れ日は いのちのしずく

小さいけれど、きらめき落ちるいのちのしずくを紡いで生まれた詩(うた)の本。
型番 654
販売価格 1,320円(税込)
購入数



  • 光原百合 著

  • 松永禎郎 装画・イラスト

  • 四六判 並製

  • 93ページ

  • ISBN978-4-7896-0654-7

  • Cコード:C0012

  • 女子パウロ会発行


小さいけれど、きらめき落ちるいのちのしずくを紡いで生まれた詩(うた)の本。

 顔を上げよ
 万物の息吹を全身に受け
 背筋を伸ばして歩き出せよ
           「りんりんと 冬」より

☆ この本に収められた詩の大部分は、2002年1月から2007年2月まで、月刊誌『あけぼの』に掲載されたものの抜粋です。

初版発行:2008年11月17日

もくじ


ひとつのうた−序にかえて

祈りのうたの章
  祈り
  地上(ココ)で
  八方ふさがり
  天からの借り物
  あこがれ

愛の歌の章
  ようこそ〜「風のメロディー」に載せて
  聞かせて〜「For You・・・」に寄せて
  誓い〜「流れかけの星」を受けて
  かけがえのない日に〜Happy Birthday
  大切なものは〜メリークリスマス

旅路の謳(ウタ)の章
  旅立ち
  一歩ずつ
  スキップしよう
  聖地(サンチュアリ)
  道 はるかに

森の詩(ウタ)の章
  静かな言葉
  掌(テ)
  熟成
  湖
  木洩れ日

季節の唄(ウタ)の章
  冬は贈り物の季節
  春の野
  夏の輝き
  秋のものがたり
  りんりんと 冬

師の教え−結びにかえて

あとがき

著者紹介


著者:
光原百合(みつはら ゆり)
1964年 広島県生まれ。
大阪大学大学院終了。
尾道大学芸術文化学部準教授。
詩集や絵本、童話を執筆しながら、98年、初のミステリー『時計を忘れて森へいこう』を上梓。
2002年 『十八の夏』で、第55回日本推理作家教会賞(短編部門)を受賞。

主な著作:
『道 LA STRADA』、『遠い約束』、『風の交響楽(シンフォニー)』、『最後の願い』、『銀の犬』など。

関連商品


道〜LA STRADA〜

825円(税込)


おすすめ商品


キリスト教の輪郭

1,430円(税込)


十字架付カード M56

286円(税込)


御絵 Alba 38

220円(税込)


カレンダー

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top