〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

パリ外国宣教会 宣教師たちの軌跡 幕末から昭和初期の長崎を中心に

本書は、邦人教区移行(1927年)以前に長崎に来日し、あるいは長崎で活動したパリ外国宣教会の宣教師51人の活動歴を紹介するものである。
型番 978-4-88851-290-9
販売価格 2,750円(税込)
購入数


  • 脇田安大 著 /カトリック長崎大司教区 監修

  • 135ページ /A4判 並製(ソフトカバー)

  • 一般社団法人 長崎の教会郡情報センター 発行

  • ISBN978-4-88851-290-9 /Cコード:C0014


この本は、法人教区移行(1927年)以前に長崎に来日し、
あるいは長崎で活動した
パリ外国宣教会の宣教師51人の活動歴を紹介しております。

1927年7月16日には、時の教皇ピオ11世は
仙台教区の早坂久之助神父を長崎司教に任命しました。

ここに至るまでの、長崎教区の歴史のひとつとして
パリ外国宣教会の方々について、より深く知ることができる本です。

初版発行:2018年3月17日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


第1章 キリスト教の伝来から禁教
第2章 パリ外国宣教会の来日と再宣教
第3章 長崎で活動した宣教師の横顔


著者紹介


脇田安大(わきた やすひろ)
1952年、三重県伊勢市生まれ。
1976年に名古屋大学経済学部を卒業後日本銀行に入行、1999年に長崎支店長。
2002年から(公財)ながさき地域政策研究所理事長他。
1985年、京都大学大学院非常勤講師(企画金融論)。
2007年から(特定非営利活動法人)世界遺産長崎チャーチトラスト総務担当理事。

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top