〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

回勅 兄弟の皆さん

利己主義による分断が進み、他者の苦しみを顧みない現代世界の闇を具体的に検証し、開かれた世界を築く道筋を希望をもって提言する。
型番 978-4-87750-231-7
販売価格 1,760円(税込)
購入数


  • 教皇フランシスコ 著 /西村桃子 訳

  • 272ページ /四六判 上製

  • カトリック中央協議会 発行

  • ISBN978-4-87750-231-7 /Cコード:C0016


しかし、後退の兆しが歩みに表れています。
乗り越えたとみなされていた時代錯誤な対立に火がつき、内向きで、憎悪のたぎる、恨みがましい、攻撃的なナショナリズムが再燃しています。
さまざまな国で、多種多様なイデオロギーに影響された挙国一致の考えが、仮定に過ぎない国益の保護を装って、新たなかたちの利己主義と社会的感覚の喪失を生み出しています。
ここから思い起こされるのは、「どの時代でも、過去の世代の努力と成果を自分のものとし、それをさらなる高みへ到達させる必要があるということです。それが歩む道です。善は、愛、正義、連帯と同じく、一挙に達成されるものではありません。日々勝ち取るべきものです」
──本文より

愛は普遍的な交わりへとわたしたちを向かわせます。愛はそのダイナミズムによって、ますますの寛容さ、他者を受け入れるいっそうの力を求めます。

利己主義による分断が進み、他者の苦しみを顧みない現代世界を具体的に検証し、開かれた世界を築く道筋を希望をもって提言する。イスラームの指導者との対話から刺激を受け執筆された、兄弟愛と社会的友愛に関する回勅。

【原文の発表年月日】2020年10月3日
初版発行:2021年9月17日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


 フラテッリ・トゥッティ
 境界なく

第一章 閉ざされた世界の闇
 粉々に砕かれる夢
 万人のための計画の欠如
 共通の方向性を欠いたグローバル化と進歩
 パンデミックと他の歴史上の惨劇
 国境での人間の尊厳の欠如
 コミュニケーションの錯誤
 服従と自己軽視
 希望

第二章 道端の異邦人
 背景
 見捨てられた人
 繰り返される物語
 登場人物
 再起
 垣根なき隣人
 寄留者からの問いかけ

第三章 開かれた世界を描き、生み出す
 超え出る
 愛のますますの寛容さ
 会員社会を超えて
 人々を鼓舞する普遍の愛
 倫理的善の促進
 所有権の社会的機能の再提案

第四章 全世界に開かれた心
 国境の限界
 互いに与え合う
 ローカルとユニバーサル

第五章 最良の政治
 ポピュリズムと自由主義
 国際機構
 社会に向かう愛と、政治において実践する愛
 政治において実践する愛の働き
 成功よりも豊かな土壌を

第六章 対話と社会的友愛
 新しい文化に向けた社会での対話
 合意形成という基盤
 新しい文化
 優しさを取り戻す

第七章 再び会う道
 真実からの再出発
 平和の構築と手仕事
 ゆるしの価値と意味
 記憶
 戦争と死刑

第八章 世界の兄弟愛のために働く宗教
 究極の根拠
 宗教と暴力
 呼びかけ
 創造主への祈り
 キリスト教一致の祈り

付録 共同文書 世界平和と共生のための人類の兄弟愛

カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top