〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

聖母マリアの御心崇敬―歴史的展開とその日本的・現代的意義―

マリアの「無条件の母性愛」とその愛の溢れとしての「自発的自己奉献」を求めて──。
型番 978-4-907991-78-4
販売価格 2,420円(税込)
購入数


  • 坂本久美子 著

  • 400頁 /A5判 並製(ソフトカバー)

  • 教友社 発行

  • ISBN978-4-907991-78-4 /Cコード:C3016


マリアの「無条件の母性愛」とその愛の溢れとしての「自発的自己奉献」を求めて──。
キリスト教における「心」の概念を神学的に分析し、その人格的・霊的深さを明らかにしつつ、日本のキリシタン迫害と深く関係する
「マリアの汚れなき御心への崇敬」についてその神学的意義を提示した最新の神学書。

初版発行:2021年12月8日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序章

第1章 マリアの御心崇敬とその神学
 第1節 マリアの御心崇敬
 第2節 マリア崇敬の射程
 第3節 マリア崇敬と恩恵神学

第2章 マリアの御心崇敬とイエスの聖心崇敬の関係性
 第1節 イエスの聖心崇敬の今とその本質
 第2節 イエスの聖心と聖書的起源
 第3節 イエスの聖心崇敬の起源と歴史的発展
 第4節 四つの回勅に見るイエスの聖心崇敬に関する教導職の教え

第3章 日本におけるマリアの御心崇敬
 第1節 キリシタン禁令高札廃止以降の日本の教会と聖母の御心崇敬
 第2節 日本キリシタン史における聖母崇敬
 第3節 キリシタン禁令高札廃止以降の日本におけるマリアの御心崇敬の表れ

第4章 現代におけるマリアの御心崇敬の実践神学的意義
 第1節 危機的状況に解放をもたらすマリアへの崇敬
 第2節 女性に解放をもたらすマリア
 第3節 マリアの御心の霊性を生きる純心聖母会の使命

結語

 謝辞
 参考文献


著者紹介


坂本 久美子(さかもと くみこ)
純心聖母会会員、長崎純心大学文学部非常勤講師。
2000-2003年にローマ・教皇庁立サレジオ大学神学部にて、
続く2003-2005年にはローマ・教皇庁立グレゴリアン大学神学部にて、霊性神学を専攻。
2017年上智大学神学修士、2021年上智大学神学部博士。
研究テーマはマリア神学。
著書(共著):長崎純心聖母会『創立者ヤヌワリオ早坂久之助司祭の「使命」と長崎純心聖母会の「カリスマ」』
(オリジナルカリスマ・プロジェクトチーム編、長崎純心聖母会、2009年)。

関連商品


キリシタンの祈り

2,420円(税込)


ロザリオ 桑の木

2,750円(税込)


カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top