〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

現場から現場へ 宣教司牧の気づき

「福音宣教は難しい」という人に、気づきを与えてくれる一冊。
型番 978-4-907991-82-1
販売価格 1,100円(税込)
購入数



  • レナト・フィリピーニ 著

  • 105頁 /四六判 並製

  • 教友社 発行

  • ISBN978-4-907991-82-1 /Cコード:C3016


ヨゼフ・アベイヤ司教(福岡教区)推薦!
キリストとの出会いを深め、与えられた信仰のたまものを生活や社会の中で生かすために
 ――多くの実例を参考に具体的な道を示す。


来日して25年を経たレナト・フィリピーニ神父。
彼が2009年から2020年にかけてカトリック新聞の投稿欄「意見、異見、私見」に投稿した、28の記事の再編集です。
福音宣教は難しい、と考える方にはもちろん、一般信徒にも「気づき」を与えてくれる一冊。


初版発行:2022年6月15日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


推薦のことば
序文

学生千人のためのミサ
典礼を半減させる貧弱な「しるし」
教会の敷居を低くする
キリスト抜きのクリスマス
福音宣教をめぐる誤解
宣教司牧のあり方
教会の問題
喜びと熱意の信仰年
ミサ典礼における本末転倒
沈黙
信仰年を生きる――旅の途中経過
ザビエルさまと
友人が見た日本の教会
外国籍の信徒への司牧
喜んで出向く
ミサ司式――奉仕と自己流
日常の信仰を育てる
宣教する弟子であること
信仰教育と共同体
信仰教育をめぐる誤解
封印宣教の実践――五つのP
外国人宣教師が観た『沈黙』
成人学習と信仰育成
シャワー式とお風呂式
典礼のみことば
信仰物語を語る
福音宣教と料理の出し方
四旬節というオリンピック
現状維持と現状意識

参考文献


著者紹介


レナト・フィリピーニ(Renato Filippini)
1970年 北イタリア・ゲーディ出身
1990年 聖ザベリオ宣教会入会
1992年 アメリカ・シカゴ Catholic Theological Union 入学(神学専攻)
1997年 聖書学修士号取得・司祭叙階
同年に来日後、鹿児島教区・福岡教区・高松教区で司牧
2017年 ローマ教皇庁立サレジオ大学大学院にて信仰教育学専攻(修士)

【著書】
『イエスの教えてくれた祈り―「主の祈り」を現代的視点から』(カルロ・マリア・マルティーニ著/篠崎榮共訳)、『イエスとの出会い その喜びを味わう』、『詩編を祈る―人間の経験から生まれる詩』、『日々の暮らしの中で―信仰を育て実践する』(以上、教友社)、『聖週間を生きる―毎日の黙想:受難と復活節の人物と共に』(女子パウロ会)、『主日の福音を生きる(C年)』、『主日の福音を生きる(B年)』(以上、サンパウロ)

「レナト神父のブログ」「レナト神父(Facebook)」で検索

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top