〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

テレーズを愛した人びと

テレーズと魂の奥深くで響きあった11人の愛の道。
型番 686
販売価格 1,540円(税込)
購入数


  • 伊従信子

  • 214ページ /B6判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0686-8 /Cコード:C0016


リジューの聖テレーズはカトリック教会で最も親しまれている聖人の一人で、
宣教の保護者ともされています。
この書は、テレーズが愛した人びとと、テレーズを愛した人びと11人が、
どのように心の深みでテレーズと響きあっていたかを見つめながら、
その11の愛の道を洞察しています。

聖母、十字架の聖ヨハネ、パウロ、三木露風、宮沢賢治、マザー・テレサなど、
それぞれの独自の愛が心にのこる信仰の書。

◎女子パウロ会公式サイトLaudate 書籍の紹介:
→『テレーズを愛した人びと』

初版発行:2010年3月25日


もくじ


はじめに

序章 すべての人に開かれた「小さな道」
 テレーズ小伝

第1章 テレーズが愛した人びと
 聖母マリア──信じたかた、神の母
 十字架の聖ヨハネ──偉大な愛の神秘家
 使徒パウロ──世界を巡る異邦人の宣教者

第2章 テレーズを愛した人びと
 三木露風──「赤とんぼ」で知られる詩人
 宮澤賢治──貧しい農民に尽くした宗教作家
 正田昭──獄中で光をみた死刑囚
 三位一体のエリザベット──神の現存の神秘を生きた人
 エディット・シュタイン──真理の探究者
 レオニー──劣等感・挫折・孤独に苦しむ人の希望
 幼きイエスのマリー・エウジェンヌ師──テレーズの深い理解者
 マザー・テレサ──もっとも貧しい人の母・世界の母

おわりに

初出一覧


著者紹介


伊従信子(いより のぶこ)
東京生まれ。
元上智大学比較文学部教授。
カルメル会の霊性を生きる
在俗会「ノートルダム・ド・ヴィ(いのちの聖母会)」会員。
著作、翻訳のはかに黙想指導に従事。

著書:
『テレーズの約束』『レオニー−小さい道を妹テレーズとともに』(サンパウロ)ほか

訳書:
『幼いイエスの聖テレーズ自叙伝』(ドン・ボスコ社)、『イエスの渇き―小さきテレーズとマザー・テレサ]』(女子パウロ会)ほか

──女子パウロ会公式サイトLaudateより──
【幼いイエズス/小さい花/リジューの聖テレジア とは】
<祈りをもって宣教したテレジアは、
 宣教の保護者といわれている。>
→聖人カレンダー「10月1日 聖テレジア(幼いイエスの)おとめ教会博士」

カレンダー

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top