〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

信徒の霊性

信徒の召命の本質が、いのちを神からあずかって生きるということにあるとするならば、福音の世界がそれとどうかかわり、それをどう照らし、支え、導いていくのか確かめる必要がある──信徒の召命にそって福音を生きる道をさぐる。
型番 290
販売価格 1,540円(税込)
SOLD OUT

  • 森一弘

  • 276ページ /B5判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0290-7 /Cコード:C0016


信徒の召命の本質が、いのちを神からあずかって生きるということにあるとするならば、福音の世界がそれとどうかかわり、それをどう照らし、支え、導いていくのか確かめる必要がある。

信徒の召命にそって福音を生きる道をさぐる。


もくじ


はじめに

一章 信徒の召命=絆で結ばれた生活
絆の召命
福音の光
男は女に触れないがよい?
この人を夫・妻としますか
病気のときも健康のときも
男性として(その1)
男性として(その2──仕事をとおして──)
女性として(その1)
女性として(その2──母性による成熟──)
つながりを背負って

第二章 信徒の祈り=家庭と社会のしがらみの中で
祈りを育てるためには
主の祈り──信徒の祈りとして──
天の父のように
価値の転換
信徒の生活と修道者の生活の違い
信徒にとって悔い改めとは
イエズスとともにあるためには
後ろめたさの中で
重荷を負い、労苦する人とともに
病、追い、死を前にして
現代人のイミタチオ・クリスティ(キリストにならった)

あとがき



著者紹介


森 一弘(もり かずひろ)1938年、横浜に生まれる。
1960年上智大学卒業。
1967年ローマで司祭叙階、
1985年司教叙階。
1985年から2000年まで東京教区補佐司教、その間1994年から1998年まで、カトリック中央協議会事務局長を兼任。
現在は、真生会館に在住し、黙想指導、講演、執筆活動に携わる。

おもな著書:
『人の思いをこえて』『大きな力に信頼して』『神のやさしさの中で』『愛は死んでもいいということ』『カトリック司教がみた日本社会の痛み』(女子パウロ会発行)など。

カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top