会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

遙かなるローマ〜少年使節の旅〜

型番 371
販売価格 545円(税込)
購入数



  • 松永伍一 著

  • 文庫本 並製

  • 232ページ

  • ISBN978-4-7896-0371-3

  • Cコード:C0193

  • 女子パウロ会発行


※ ペトロ岐部と187殉教者 関連

今から400年以上も前、4人の少年たちが3年余の歳月をかけてローマにおもむき、時の教皇グレゴリオ13世に謁見した。
長く、苦しい旅の途中、少年たちは何を考え、どんな思いを抱いていたのか? そして、彼らの目に映ったヨーロッパは?
天正の少年使節が日本をたってから8年の後、すっかり成人して帰国するまでの物語。

もくじ


出発まで
海は怖い
マラッカの赤い夕日
暑い国インドで
ヨーロッパの玄関
エスパニアを駆ける
栄光のローマ
帰りの出来事
8年ぶりの故国
少年使節年表

著者紹介


著者:
松永 伍一(まつなが ごいち)
詩人、評論家。
1930年福岡県生まれ。八女高校卒。
1957年上京し文筆活動に入る。
著作は100冊を越える。
主な著書:
児童文学―詩集『油屋のジョン』(理論社)『わらべ歌』(TBSブリタニカ)「少年─良太の橋』(理論社)『旅びと─ペトロ岐部』『まぼろしの天使─天草四郎』,『虹いろの馬車』,『魔法のバテレン』(偕成社)。
Top