〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

私のキリシタン史 人と物との出会いを通して

日本のキリシタンを様々な観点から取り扱う興味深い論文集。
型番 978-4-88216-324-4
販売価格 880円(税込)
購入数


  • 安部明郎 著

  • 360ページ /文庫サイズ

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-324-4 /Cコード:C0116


人間には、そのために死んでもいいというような向があるときにこそ、
喜んで生きることができる。
キリシタンたちに、それがあったのだ。
安部先生の書を読めば、それが良くわかる。
だからキリシタンたちが実にうらやましい。
──上智大学名誉教授 ペトロ・ネメシェギ師の序文より抜粋

初版発行:2011年2月22日


もくじ


序文

1 はじめに
2 市井に散在するキリシタン遺物 〜遺物保存訪問個所〜
3 日本26聖人・聖レオ茨木(聖レオ烏丸) 〜茨木姓と出身地について〜
4 考古学の父「浜田耕作」 〜キリシタン遺物研究について〜
5 蘇峰とキリシタン 〜蘇峰作の石碑を通して〜
6 キリシタン図象と聖書との関係
7 復活を可能にした潜伏キリシタンの地下組織
8 現在に生きるザビエルの宣教 〜特に山口布教を通して〜
9 ザビエル上陸地・下関のキリシタン布教
10 迫害下、宣教師の布教を助けた宿主達 〜ヌメロの会等〜
11 切支丹禁令・高札撤去前後のキリスト教 〜幕末から明治後期にかけて〜
12 キリシタンと医療・福祉
13 美濃のキリシタン
14 幕末から明治初期の群馬のキリスト教

あとがき
プロフィール


著者紹介


安部明郎(あべ あきお)
1934年、東京生まれ。
1958年、東京慈恵会医科大学卒業。
1965年、学位取得後、国際基督教大学、北里大学消化器内科非常勤講師、
国立相模原病院内科医長、日本キリスト教奉仕団アガペ壱番館館長を歴任。
現在、日本キリスト教奉仕団 身体障害者福祉施設アガペ診療所嘱託医。

おすすめ商品


ADカードXQRADWF 390

528円(税込)


ADカードXQRADWF 317

528円(税込)


カレンダー

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top