〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリスト教と日本の深層

日本人の自然観と宗教観を読み解き、キリスト教との接点を探る書。
型番 978-4-87232-078-7
販売価格 2,420円(税込)
購入数




寅彦の災害論、そして親鸞、道元、柳宗悦、鈴木大拙らの思想、
さらには源氏物語や宮澤賢治、和田三造という文学・絵画の芸術面から、
日本人の自然観と宗教観を読み解き、キリスト教との接点を探る。

初版発行:2012年3月15日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序論 自然の内に生きる──日本的神秘主義の原郷を探ねて(加藤信朗=首都大学東京名誉教授)

機チ輜凄;‘本人と宗教
 第1章 日本人の自然観と神仏(竹内整一=鎌倉女子大学教授)
 第2章 日本的霊性の根本的特徴(岩田靖夫=東北大学名誉教授)
 第3章  「日本人とキリスト教」の問題系に向けて──柳宗悦の宗教観(鶴岡賀雄=東京大学教授)

供ナ_酸覿気療攵蹐箸靴討瞭本
 第4章 A・ヴァリニャーノの適応主義と『日本のカテキズモ』(桑原直己=筑波大学教授)
 第5章 キリシタン版『ひですの経』の「アニマ」論が意味するもの(折井善果=慶應義塾大学専任講師)
 第6章 小崎弘道の「国家主義的」キリスト教(坂井悠佳=横浜共立学園中学校高等学校教諭)
 第7章 新井奥邃の人生遍歴と生活思想──儒学とキリスト教信仰との連動性の体現(阿部仲麻呂=日本カトリック神学会評議員)
 第8章 禅とキリスト教神秘主義──鈴木大拙の解釈を中心に(蓮沼直應=筑波大学大学院)

掘テ本文化の深層とキリスト教
 第9章 無名の霊性──源氏物語における人間理解と宗教(田畑邦治=白百合女子大学教授)
 第10章 パウロと親鸞の霊性(高山貞美=上智大学准教授)
 第11章 日本人とキリスト教美術──和田三造のイエス画伝を中心に(保坂ひろみ=白百合女子大学講師)
 第12章 宮澤賢治における仏教とキリスト教(宮澤健太郎=白百合女子大学教授)
 第13章 祖先崇拝とキリスト教(ムケンゲシャイ・マタタ=オリエンス宗教研究所所長)

監修者あとがき
執筆者紹介


監修者紹介


加藤信朗(かとう しんろう)
1926年生まれ。
首都大学東京名誉教授。聖心女子大学キリスト教文化研究所所員。
専攻はギリシア哲学、教父哲学。

主著:
『初期プラトン哲学』『ギリシャ哲学史』(共に東京大学出版会)、
『アウグスティヌス「告白録」講義』(知泉書館)。
監修・共著『キリスト教をめぐる近代日本の諸相──響鳴と反撥』(オリエンス宗教研究所)他。

カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top