〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

日本とユダヤ その友好の歴史

隔月刊誌「みるとす」に掲載した記事から「日本とユダヤ」に光を当てるものを選び、単行本とした。
型番 978-4-89586-028-4
販売価格 1,650円(税込)
購入数


  • ベン・アミー・シロニー、河合一充 共著

  • 189ページ /四六判 上製(ハードカバー)

  • ミルトス 発行

  • ISBN978-4-89586-028-4 /Cコード:C0021


本書は、ユダヤ民族そのものの歴史ではなく、
宗教・文化の話でも政治史でもない。

ユダヤ人と日本人の「友好」の物語を
日本人に知ってもらいたいと意図して、
隔月刊誌「みるとす」に掲載した記事から、
「日本とユダヤ」に光を当てるものを選び、ここに単行本としたものである。

初版発行:2007年7月20日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


まえがき
1.日本を助けたユダヤ人──ベン・アミー・シロニー
 1章 日露戦争とユダヤ人
 2章 「日露戦争と二十世紀」シンポジウムの意義
 3章 誤解だらけ、日本人のイスラエル理解
 4章 日本とユダヤの興味深い接点

2.ユダヤ難民を助けた日本──河合一充
 5章 杉原千畝のビザの謎
 6章 樋口季一郎とオトポール事件
 7章 ユダヤ難民を助けた日本人たち
 8章 ユダヤ教徒となった、ユダヤ人の恩人

3.ユダヤ民族への日本の反応──河合一充
 9章 シオニズム運動と日本(上)
 10章 シオニズム運動と日本(下)
 11章 日ユ同祖論はどのように生まれたか
 [付記]戦前にユダヤを理解した思想家 満川亀太郎
      クリストファー・W・A・スピルマン記
日本とユダヤ関係史年表
あとがき


著者紹介


著者:ベン・アミー・シロニー(Ben-Ami Shillony)
1937年ポーランド生まれ。歴史学者。
1948年イスラエルへ移住。ヘブライ大学で歴史と哲学を専攻し卒業、
1965年国際基督教大学に留学後、
1967年米国プリンストン大学に留学して博士号取得。
1971年よりヘブライ大学東洋学部教授となり、日本の歴史・文化を講義。
トルーマン平和研究所所長を兼務。
ハーバード、オックスフォードはじめ多くの大学で客員教授として教える。
2007年ヘブライ大学教授を定年退職。名誉教授。
2000年日本研究に貢献して勲二等瑞宝章受賞。

著書:
『日本の叛乱 青年将校たちと二・二六事件』(河出書房新社)、『天皇陛下の経済学』(光文社)、『誤訳される日本』(光文社)、『ユダヤ人と日本人の不思議な関係』(成甲書房)、『母なる天皇』(講談社)他論文多数。



訳者:河合一充(かわい かずみつ)
1941年愛知県生まれ。ミルトス編集代表。
1965年東京大学理学部卒業。同大学院修了後、学習院大学数学科助手。
1972年UCLAでPh.D.取得。1978年エルサレムに語学研修留学。
1985年ミルトス創設に関わり、現在に至る。

訳書:
『タルムードの世界』、『ユダヤ人の歴史』、『死海文書の研究』、『評伝マルティン・ブーバー』ほか。

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top