〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

乙女峠 津和野の殉教者物語

歴史的大迫害「浦上四番崩れ」永井隆が描く津和野の殉教者物語。
型番 978-4-8056-1228-6
販売価格 638円(税込)
購入数


  • 永井隆

  • 81ページ /A6判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-1228-6 /Cコード:C0195


1865年2月17日に大浦天主堂が献堂され、フランス寺と呼ばれた。
献堂からひと月後の3月17日に
浦上の隠れキリシタンが信仰を告白する。

「サンタ・マリアのご像はどこ?」

その後、「浦上四番崩れ」と呼ばれる大迫害が起こり、
浦上のキリシタンたちは総流罪の決定を受け諸国に流された。
その流された地の一つの津和野での殉教物語。

初版発行:2012年7月31日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


奉教人の種

乙女峠
“旅の話”
少年祐次郎の死
赤いばら


著者紹介


永井隆(ながい たかし)
1908年2月3日、松江市で生まれる。
1932年新医学士として世に出たが、引き続き
長崎医大物理療法科に助手として籍をおき研究を続けた。
1933年短期軍医として満州事変に従軍したが、
この間慰問袋に入っていた公教要理を読んだ。
1934年帰還して浦上天主堂でカトリックの洗礼を受け、8月に結婚。
1946年同医大教授となる。同年7月長崎駅頭で倒れ、以来病床に就く。
1949年長崎市名誉市民の称号をおくられた。
1951年逝去。

カレンダー

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
2023年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top