〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

宣教者パウロのメッセージ

もしパウロが、現代にキリストを告げようとすれば、どこに目をそそぐであろうかを考えることのできる一冊。
型番 649
販売価格 2,640円(税込)
購入数



  • ワルテル・ガルディーニ 著

  • アグネス・レト

  • A5判(天地 21.0cm×左右 14.8cm) 上製

  • 256ページ

  • ISBN978-4-7896-0649-3

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


もしパウロが、現代にキリストを告げようとすれば、
いったいこの社会において、どこに目をそそぐであろうか?

初版発行日:2008年5月1日


もくじ


まえがき

第一章 三つの精神に生かされる人
第二章 回心
第三章 使徒の召命
第四章 宣教活動
第五章 逆らいのしるし
第六章 使徒の心
第七章 人間パウロ
第八章 宣教の方式
第九章 ケリグマから教会まで
第十章 宣教の神学
 1 神の普遍的救済意志
 2 罪の普遍性
 3 あがないの普遍性
 4 教会の普遍性
 5 終末をめざして
 6 カトリック的展望
第十一章 キリスト者の協力
第十二章 現代への呼びかけ

関連地図


著者紹介


著者:ワルテル・ガルディーニ(Walter GARDINI)
グレゴリアン大学の神学院を卒業後、
ヴァチカン教皇庁立聖書委員会、
ウルバノ大学宣教科学科で勉学をつづけ、
宣教の神学については著名な研究家となった。
イタリアのいくつかの神学校でつづけた多様な活動のなかで、
著者はつねに、宣教精神の源泉と偉大な宣教者パウロの姿に思いをはせていた。
本書は、その活動と研究の結実である。
その後、アルゼンチンに渡ってブエノスアイレスの大学で教え、
70年代の半ばには、1年間ほど日本に滞在して
キリスト教と仏教の関係も研究している。
現在はブエノスアイレス在住。


訳者:アグネス・レト(Agnes LETO)
聖パウロ女子修道会会員。
1949年から20数年間、日本で宣教に従事し、現在はローマ在住。

カレンダー

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top